私も毎回利用!台湾SIMカードはKKdayで購入がおすすめ

台湾人気グルメ魯肉飯(ルーローハン)レシピ!簡単だけど本格的な味を追求

魯肉飯レシピ

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/01/143251ae44e7e6b876a9f98f7a32ae41.png
うーろん

台湾の人気グルメといえば魯肉飯lǔ ròu fànですよね!

台湾にハマると定期的に八角臭を浴びたくなります。

本記事では台湾リピーターの私が、いつも家で作っている魯肉飯のレシピを紹介します。

本場台湾でもお店によって魯肉飯の味やお肉の形状は様々です。

細かく刻まれたお肉のお店もあればドーンと角煮みたいなお肉がのったお店もあります。

なんちゃってすぎず、でも日本でも再現するのに難しくない簡単な作り方を紹介します。

このレシピをアレンジして作っています

今までいろいろネットで検索したり、台湾料理の本などを買って試行錯誤してきましたが、最終的に現在はこちらのレシピを少しアレンジして作っています。

魯肉飯の材料

魯肉飯の材料
  • 豚肉(薄切りの豚バラや豚コマ、豚ひき肉でOK)…300gくらい
  • 椎茸…4個
  • サラダ油…大さじ1
  • 黒砂糖…大さじ2~3
  • 酒(紹興酒がおすすめ)…大さじ2
  • 醤油膏(または醤油)…大さじ3
  • 水…カップ1
  • 五香粉…小さじ1/2くらい(お好みで調節)
  • 油葱酥(揚げエシャロット)…ひとつかみ
  • 卵、厚揚げなどお好みで
  • ご飯

魯肉飯の作り方

豚肉、椎茸を細かく刻む
魯肉飯レシピ
椎茸のみじん切り

豚バラ、豚コマを使用する場合は5mmくらいの細切りにする。(豚ひき肉の場合はそのまま)

椎茸はみじん切りにする。

ゆで卵も茹で始める。

豚肉と椎茸を炒める
魯肉飯レシピ
豚ひき肉を使用しました

厚手の鍋にサラダ油を入れて中火でよく熱し、豚肉を入れる。

2分ほどおいて、肉の縁の色が変わり始めたら混ぜる。

魯肉飯レシピ
椎茸を入れた

椎茸を加え、再び2~3分焼き色づくまで炒める。

黒砂糖を入れる
魯肉飯レシピ
かちわり黒砂糖を使用しました

黒砂糖を加え全体になじんだら、酒を入れてアルコールをとばすように炒める。

醤油膏(醤油)を加えて混ぜ水を足す。

五香粉と油葱酥を入れる
魯肉飯レシピ

五香粉と油葱酥(揚げエシャロット)も入れる。

魯肉飯レシピ

殻をむいたゆで卵(または厚揚げ)を入れ、お肉が柔らかくなり味が馴染むまで40分以上弱火で煮る。

器にご飯を盛り肉をかけて完成
魯肉飯レシピ

温かいご飯を器に盛り、煮玉子と肉を煮汁とともにかける。

魯肉飯レシピ
豚バラバージョンに油豆腐を添えたもの

厚揚げを入れても、魯肉飯の味がしっかりと染み込んでとても美味しいですよ!

材料についてのポイント

五香粉

中:五香粉

これは台湾で買って来たものです。

この五香粉こそが台湾で「八角臭がする!」と感じる原因の調味料のひとつだと思われます。

これがないと始まらない調味料なので五香粉は必ず準備してください。

最近では調味料が豊富にあるスーパーやカルディなどでよく見かけますので、手に入れるのは比較的簡単だと思います。

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/01/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png
うーろん

八角大好き!だという方は台湾土産にするのをおすすめします!

近くのスーパーなどに売っていない場合は通販でも購入できます。

油葱酥(揚げエシャロット)

右が油葱酥(揚げエシャロット)

油葱酥はその辺のスーパーではなかなか手に入らないので、台湾旅行へ行った時にスーパーで買って帰るか中華食材店などで購入してください。

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/01/143251ae44e7e6b876a9f98f7a32ae41.png
うーろん

私はいつも台湾土産に買って帰っています。

ちなみに私もよく行く、新大久保にある中華食材店「華僑服務社」には油葱酥が売っています。

華僑服務社新大久保「華僑服務社」で買える台湾食材やお菓子を紹介

ネットで購入することもできますよ。

このレシピの元になっている「みんなのきょうの料理」では、揚げエシャロットを玉ねぎで自作して代用するレシピですが、やはり揚げエシャロットの本格的な香りは玉ねぎには出せません。

なんだか物足りなさを感じました。

できれば油葱酥を入手することをおすすめします。

醤油膏(台湾とろみ醤油)

肉鬆、金蘭油膏、パッションフルーツソース
中:醤油膏

醤油膏は台湾のとろみと甘みのある醤油です。

日本ではなかなか手に入らないので、台湾土産に買ってきます。

日本の醤油で代用できるので無理になくても大丈夫。

これを使う場合は甘みがあるので黒砂糖の量を調節してください。

私はよく醤油膏大さじ1と日本の醤油大さじ2で、黒砂糖大さじ2くらいで作っています。

ネットで購入することもできます。

黒砂糖

普通の白砂糖でも代用は可能ですが、黒砂糖の色とコクが決め手になるのでこちらもできるだけ準備してください。

私は沖縄の黒砂糖を使用しています。

紹興酒

これは近所のスーパーで買った紹興酒です。

無理になくても大丈夫。

もしお父さんが紹興酒を飲むから家にある!なんて方はとてもラッキーなのでこっそり使っちゃいましょう!(笑)

魯肉飯に限らず中華料理には紹興酒の香りづけがマッチする気がします。

ほんの些細な違いなのですが、この違いが料理をより本格的な味にしてくれると思います。

豚バラ肉

豚バラ肉のブロックは必要か?

いいえ

より本格的に本場の感じに近づけるのなら、豚バラ肉のブロックが必要になるのですが、日本のスーパーで気軽に買える肉ではありません。

ブロック肉を細かく刻むのは大変ですし、お値段も高かったりしてあまり気軽に買えません。

そこで私は気軽に楽しむために、豚バラ肉や豚コマ肉、豚ひき肉を使うことが多いです。

魯肉飯レシピ
これは豚ひき肉バージョン

豚ひき肉は肉をカットしなくていいので本当に簡単で、お肉に味も染み込みやすくおすすめです。

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/02/185da5c00c1f1706f6712eed56d00054-1.png
旦那

どれも美味しくできるのでまずは簡単な方法で試してみてね。

もっと極めたくなったらブロック肉で作ってみてください。

パクチー

魯肉飯レシピ

パクチーが好きな人は、魯肉飯の上に刻んだパクチーをのせて食べると幸せな気分になれます。

本場の台湾ではあまりパクチーがのった魯肉飯は出てこないですが、私は大好きなのでパクチーが安く手に入った時はよくのせてます!

肉鬆(お肉のでんぶ)

左のオレンジ缶:肉鬆

肉鬆ròu sòngは台湾ならではな食材でお肉のでんぶです。

台湾南部の方では魯肉飯にこれがかかっていることがあります。

基本的には肉を甘辛くして干してほぐしてホワホワにしたもので、台湾のおにぎり(飯糰)の具としてもよく使われています。

着色していない桜でんぶの肉バージョンといったらイメージしやすいでしょうか。

台湾だとカルフールなど日本人もよく行くスーパーに売っているので買いやすいのですが、日本だとあまり売っていません。

新大久保の「華僑服務社」で売っているのを見たことがありますよ。

魯肉飯レシピ
肉鬆のせ魯肉飯
https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/02/8b93c9e1b91723a577dbf7e725384b59.png
うーろん

ぜひお家で魯肉飯を作って台湾ロスを少しでも埋めてみてくださいね。

もっと本格的に作ってみたくなったら台湾のお母さんのレシピを参考にどうぞ

私もこの本を愛読しています!

魯肉飯は複数レシピが載っていて、台湾の家庭の味を体験することができますよ。

私のお気に入りレシピは番茄炒蛋(トマトと卵の炒めもの)です。簡単なのにめちゃくちゃ美味しくて感動しました。

台湾食材アイキャッチ【台湾土産】日本で台湾料理を作るのに便利な台湾食材・調味料まとめ【おすすめ】 華僑服務社新大久保「華僑服務社」で買える台湾食材やお菓子を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。