おうちで作ろう台湾グルメ!

台湾リピーターが作る!魯肉飯(ルーローハン)レシピ〜本格味を目指して〜大同電鍋レシピあり〼

魯肉飯レシピ

何度も作っている魯肉飯。

簡単そうでかなり奥が深い魯肉飯。

なかなか納得できる味にたどり着けず、試行錯誤の末、完成したレシピです。

うーろん

皮付き豚バラブロックを使って本格的に作るよ!

魯肉飯の材料

魯肉飯の材料
  • 豚肉(皮付き豚バラブロック)…300gくらい
  • オリーブオイル(またはサラダ油)…小さじ1
  • ニンニク…2かけ
  • 油葱酥(揚げエシャロット)…15g
  • 氷砂糖(または砂糖)…大さじ1-2(甘めが好きな人は2で)
  • 五香粉…小さじ1/2くらい(お好みで調節)
  • 米酒(または料理酒)…大さじ2
  • 醤油…大さじ3
  • 水…2カップ
  • 塩…小さじ1

魯肉飯の作り方

豚肉・ニンニクをカット
魯肉飯レシピ
豚バラブロックをカットした様子

豚肉を0.5-1cm幅くらいにカット。(半解凍くらいがカットしやすいです)

ニンニクはみじん切り。

ゆで卵を入れる場合は茹で始める。

豚肉を炒める
魯肉飯レシピ

フライパンにオリーブオイル(小さじ1)をひき、豚肉を中火で炒める。

ニンニクを入れる
魯肉飯レシピ

肉に色がついたら、みじん切りしたニンニクを入れて炒める。

油葱酥・氷砂糖・五香粉を入れる
魯肉飯レシピ

肉に火が通ったら、油葱酥(15g)と氷砂糖(大さじ1-2)を加えて炒める。

氷砂糖がとけて小さくなるまで炒める。

なじんだら五香粉(小さじ1/2程度)も入れる。

米酒・醤油・水・塩を入れる
魯肉飯レシピ

米酒(大さじ2)・醤油(大さじ3)・水(2カップ)・塩(小さじ1)を入れて混ぜる。

鍋で煮込む
魯肉飯レシピ
ゆで卵や厚揚げを入れる場合はここで入れる

鍋に移し替えて強火で沸騰させる。

沸騰したら蓋をして弱火で約1時間煮込む。

ときどきかき混ぜる。

水が足りなくなったら足す。

>>電鍋使用の場合はこちらへ

ご飯に盛って完成
魯肉飯レシピ

ホカホカの炊きたてご飯にのせて召し上がれ!

たくあんや高菜などお好みの漬物と一緒に食べても美味しいです。

※フライパンと鍋で調理しましたが、面倒なときは最初から鍋でもかまいません。

フライパンで調理すると汁が煮詰まりやすく、味や色が濃くなりやすい気がする。

大同電鍋での作り方

上の作り方STEP.6で、フライパンの材料を電鍋の内釜へ移します。

外釜に2カップの水を入れ約1時間煮込む。

魯肉飯レシピ

八角やシナモンを入れる場合はここで入れます。

魯肉飯レシピ

ゆで卵や厚揚げを入れる場合もここで投入。

魯肉飯レシピ
煮込み終わり

いい色に煮込まれています。

電鍋で調理すると、鍋の火を見ていなくていいのでほんと気が楽です。

魯肉飯レシピ
電鍋魯肉飯

ふつうの鍋で作るのと変わらずとても美味しく仕上がった。

電鍋で作ったからか、心なしかいつもより美味しいような気さえしてくる!

ちなみに…

魯肉飯レシピ
電鍋(Lサイズ)に蒸し板30cm+蒸籠18cm

電鍋なら、外釜の上に蒸籠をのせてゆで卵を作るという、一石二鳥な調理も可能。

スイッチオンしてから15分ほどでゆで卵ができるので、途中で魯肉の中にドボンします。

小さめ蒸籠の場合は蒸し板があればのせられます。(私が使っているのはこれ↓)

大同電鍋

蒸籠がない場合は盆ざるをのせてもいけます!

蓋もちゃんと閉まります。

ちなみに電鍋(Lサイズ)には盆ざる8寸(24cm)がぴったりのります。(買ったのはこれ↓)

完成した魯肉飯

魯肉飯レシピ

今までは肉を1cm幅くらにカットしていたけど、5mm幅くらいにカットしてみた。

大好きな帆帆魯肉飯の魯肉飯は、お肉がけっこう細かくカットされていたのを思い出し、そのようにしてみた。

細かい方が味も染み込みやすく食べやすくて、個人的にはこっちの方が好きかも!

好みのカットを追求してみてください。

魯肉飯レシピ
高菜のせ

高菜のせも美味しい!

たくあんとかも合いますよ〜。

魯肉飯レシピ
目玉焼きのせ

目玉焼きのせにして、トロ~リ黄身と一緒に食べるのも美味しいです。

台湾では魯肉飯にパクチーがのっていることはあまりありませんが、たっぷり準備して追いパクチーしながら食べるのも好きです。

パクチー好きな方はぜひ試してみて!

魯肉飯レシピ
大きくカット

高雄の南豐魯肉飯で食べたみたいに、肉を細かく切らず大きめのままで作ってみた。

肉々しさがあってこれも美味しいです。

ちょっと煮込み時間はかかるかもですが、時間があるときにやってみてください。

材料についてのポイント

豚バラ肉

魯肉飯レシピ
皮付き豚バラブロック

スーパーではあまり売っていませんが、肉屋なら皮付き豚バラブロックが買えるはずです。

魯肉飯レシピ

台湾では皮付き肉の魯肉飯が出てくることが多い。

この皮のぷるぷるとした部分も美味しいので、できれば皮付きを準備したい。

ですが、個人的にはけっこう油が胃にもたれるので、皮なしの方が好きだったりする(笑)

この辺はお好みでどうぞ。

そして、薄切りの豚バラ肉や豚こま肉、豚ミンチでも全然作れます。

薄切り肉は火の通りも早いので、煮込む時間がないときなどにおすすめ。

五香粉

五香粉

この五香粉こそが、台湾で「八角臭がする!」と感じる調味料のひとつだと思われる。

五香粉はスーパーの中華調味料売り場に置いてあり、比較的手に入れやすい。

近くのスーパーに売っていない場合は通販でも購入できます。

ちなみに、台湾では五香粉が入っていない魯肉飯もあるので、あの香りが苦手な方は五香粉なしでも美味しいと思います。

油葱酥(揚げエシャロット)

油葱酥(揚げエシャロット)

油葱酥(揚げエシャロット)は味の深みを出すのに必要です。

入っている方がやっぱり美味しいと感じます。

日本のスーパーでは手に入れるのが難しい。

華僑服務社友誼商店などの中華食材店では売っています。

ネットで購入することもできるので、ぜひ手に入れてください。

どうしても用意するのが難しい場合は、玉ねぎとニンニクを揚げたもので代用できるかな?と感じます。

玉ねぎだけだとちょっとパンチが足りない。

ニンニクだけだとちょっと強すぎる?

なのでその2つを合わせてみる。

実際にこれで試したわけではないので、あまり大きな声では言えませんが…!

醬油膏(醤油)

醬油膏
醬油膏

醬油膏は台湾のとろみ&甘みのある醤油です。

日本で手に入れるのが難しいので、無理に入れなくても大丈夫です。

私は醤油大さじ3のところを、醤油大さじ2:醬油膏大さじ1で作っています。

醬油膏を持っている方はぜひ使ってみてください。

より台湾の味に近づけるような気がしています。

華僑服務社では売っていました。

醬油膏のレシピも紹介しています。

醬油膏レシピ【台湾】醬油膏レシピ【とろみ醤油】

>>https://oolongsan.com/soy-sauce-paste-recipe/

氷砂糖

台湾で買ってきたレシピ本などを見ると、魯肉飯の砂糖はほとんどがこの氷砂糖なのです。

日本でも買えるし、できるだけ本場に近づけるために使っています。

ない場合はふつうの白砂糖でも大丈夫です。

米酒

台湾で料理に酒を入れる場合、ほとんどがこの米酒なのです。

より本場の味に近づけたい場合はおすすめです。

私はいつもコレを入れています。

準備できない場合は日本の料理酒でOKです!

ちなみに、華僑服務社友誼商店では売っているのを見たことがあります!

八角・シナモン

八角とシナモン
左:シナモン 右:八角

五香粉を少なめにして、八角とシナモンのホールスパイスを入れてみた。(煮込むとき一緒に投入)

ホールスパイスだとより一層香りがよく、お上品な感じに仕上がりました。

お店によってはホールスパイスを使っていたりするのかも。

ぜひ、いろいろアレンジして自分好みの味を追求してみてください。

つくれぽ

SNSで「作ったよ」とご報告いただいたものを紹介します。

作っていただきありがとうございます!

ご報告いただいたら随時載せていきます。(※掲載が不都合な場合はご連絡ください)

「作ったのに載ってない!」など、掲載漏れがありましたらお申し付けください。

うーろん

おうちで魯肉飯を作って台湾ロスを埋めてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。