うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!

【台湾】もちもちデザート芋圓(お芋の団子)の作り方【レシピ】

芋圓レシピ

台湾の美味しいデザート豆花によくトッピングされている芋圓yù yuán(お芋の団子)

そんな芋圓を気軽に楽しめたらと思い、いつも家で作っているレシピを写真入りで詳しく紹介します。

うーろん

なるべく日本でも入手が難しくない材料で作るよ!

芋圓の材料

今回はサツマイモで作る様子を紹介しますが、カボチャでも作れます。

材料
  • サツマイモ…200g(皮を剥いた重さ)
  • 片栗粉…100g(芋の分量の1/2が目安)
  • 砂糖…大さじ2〜3くらい
  • 水…適量

例えば皮をむいて重さを計ったサツマイモが100gだとしたら、片栗粉はその半分の50g程度が目安となります。

芋圓の工程

サツマイモを蒸してマッシュする
芋圓レシピ

鍋で茹でても、電子レンジで加熱してもOK。

電子レンジの場合は水を少し足して加熱するとマッシュしやすいです。

砂糖・片栗粉を入れて混ぜる
芋圓レシピ

温かいうちに砂糖を加えて混ぜる。

三温糖で作ったので少し茶色いですが白砂糖でOKです。

芋圓レシピ

片栗粉を入れる。

片栗粉が散乱してまとめるのが大変だったので、3、4回に分けて入れるほうが良さそう。

こねる
芋圓レシピ

耳たぶ程度の柔らかさになるまで水を加えつつこねる。

水は少しずつ柔らかさを確認しながら加えましょう。

棒状に成形してカット
芋圓レシピ

適量の芋圓をちぎり、まな板の上で棒状にコロコロ転がす。

ベタベタする場合は、まな板に分量外の片栗粉で打ち粉をすると作業がしやすい。

芋圓レシピ

ひとくちサイズにカット。

茹でると少し大きくなるので、気持ち小さめにカットすると良いです。

完成
芋圓レシピ

芋圓の調理方法

できた芋圓は食べる分だけ茹でましょう。

沸騰した鍋の中に芋圓を入れて、浮き上がってから1~2分茹でてザルなどですくってできあがり。

白玉団子を茹でるのと同じような感じです。

黒糖シロップに入れて食べてもよし、豆花のトッピングにしてもよし。

豆花のレシピも紹介しています

豆花レシピ【石膏】本格的な豆花レシピを台湾リピーターが伝授する【地瓜粉】

>>https://oolongsan.com/tofa-recipe/

シロップは一青家のレシピを参考にどうぞ

芋圓の保存方法

芋圓は茹でる前なら冷凍保蔵ができます。

使う分だけ茹でてあとは冷凍保存して、食べたいときに便利に使えます。

芋圓のレシピ

このようにジップロックに小分けにして冷凍保存しています。

芋圓のレシピ

冷凍保存した芋圓を食べるときは、沸騰したお湯の中で茹でて浮き上がってきたら完成。

特に解凍などはしなくても大丈夫です。

材料のポイント

地瓜粉・木薯粉(タピオカ粉)

木薯粉

台湾では片栗粉より地瓜粉・木薯粉(タピオカ粉)の方がよく使われているので、タピオカ粉で作られていることが多いと思われる。

ですが、日本では手に入れるのが難しかったり片栗粉より高いので、本記事では入手しやすい片栗粉のレシピを紹介しました。

キューピー3分クッキングのレシピでは「タピオカ粉はでんぷん粉の中でも弾力性が強い」と紹介されており、よりモチモチ感を出すにはタピオカ粉を使用するのがおすすめのようです。

たしかにモチモチ具合はタピオカ粉で作ったほうがより感じられました。

片栗粉だけでもうまく作れましたが、タピオカ粉が準備できる方はタピオカ粉で作ってみるのもおすすめです。

Amazonや楽天などのネット通販で買うこともできます。

新大久保の中華食材店「華僑服務社」にはタピオカ粉が売っていました。

中華街や中華食材店で売っている可能性ありです。

華僑服務社新大久保「華僑服務社」で買える台湾食材やお菓子を紹介

手作り芋圓トッピングの豆花

芋圓レシピ
サツマイモの芋圓

今回作った芋圓を豆花にのせてみました。

まさにQQ(もちもち食感)で美味しいです。

芋圓レシピ
カボチャの芋圓

こちらはカボチャで作った芋圓。

芋圓レシピ

サツマイモに比べるとカボチャのキレイなオレンジ色が映えますね。

うーろん

モチモチ芋圓をおうちで作って気軽に台湾の味を楽しんでね!

台湾料理レシピまとめ【簡単】台湾リピーターが作る!台湾料理レシピまとめ【本格的】 華僑服務社新大久保「華僑服務社」で買える台湾食材やお菓子を紹介 台湾食材アイキャッチ【台湾土産】日本で台湾料理を作るのに便利な台湾食材・調味料まとめ【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。