うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!!!

【本場の味】台湾 鶏肉飯(ジーローファン)簡単レシピ【台湾レシピ本参考】

鶏肉飯レシピ

台湾の寧夏夜市で食べて、美味しすぎて感動した方家鶏肉飯鶏肉飯jī ròu fàn

日本でも食べたいと思い、試行錯誤した末たどり着いたレシピを紹介します。

うーろん

さすがに方家鶏肉飯には及びませんが満足いく味になりました!

台湾のレシピ本を参考にしました

鶏肉飯レシピ
「大廚 教你做 台灣小吃」

台湾の誠品書店で購入した「大廚 教你做 台灣小吃」というレシピ本に載っている嘉義鶏肉飯の作り方を、日本でも作りやすいよう少しアレンジしています。

うーろん

鶏胸肉を煮込む工程はこのレシピ本どおりです!

鶏肉飯の材料

材料(4人分)
  • 鶏胸肉…1枚(300g)
  • 白米
タレ
  • 醤油…大さじ2
  • 砂糖…大さじ1
  • 油葱酥(揚げエシャロット)…10~15g
  • 鷄油またはガチョウ油(鶏皮からの油が足りない場合)…鶏皮からの油と鶏油あわせて大さじ2くらいあると良い

レシピ本では骨付きの鶏胸肉を使用しています。

準備できる方は骨付きの方がうまみが出て美味しくなるかも。

旦那

その他の材料のポイントや入手方法は最後に紹介しています。

鶏肉飯の作り方

  1. 鶏胸肉の皮を剥ぐ。
  2. 鶏胸肉を沸騰したお湯に入れ5分間煮込み、火を止め10分間ふたをしておく。
  3. さらに5分間弱火で煮込み、火を止め10分間ふたをしておく。
  4. 鶏胸肉を取り出し冷ましてから繊維に沿って細かく裂く。
  5. 鶏胸肉を煮込んでいる間に、弱火にかけた小鍋に鶏皮を広げ油が放出されるまでゆっくり炒める。鶏皮を取り出し【タレ】の材料を加えて煮立たせる。
  6. 丼に白米、鶏胸肉をのせタレをかけて完成。

鶏肉飯の詳しい工程

うーろん

作り方を写真付きで詳しく見ていきましょう!

鶏胸肉を煮込む
鶏肉飯レシピ

皮を剥いだ鶏胸肉を沸騰した鍋の中へ。

5分間煮込む➡︎火を止めふたをして10分間放置。

鶏肉飯レシピ

弱火で5分間煮込む➡︎火を止めふたをして10分間放置。

(※この茹で汁は鶏肉のうまみが出た美味しいチキンスープとして使用できるので、食卓のもう一品としてご活用ください。後ほど簡単チキンスープのレシピも紹介します。)

鶏皮から油を出す
鶏肉飯レシピ

鶏胸肉を煮込んでいる間に、鶏皮を弱火でじっくり焼いて鶏油を出していく。

鶏胸肉の種類や大きさにより油の出具合いが違う。

なかなかそれなりの量の鶏油を出すのは大変なので、市販の鶏油(またはガチョウ油)を加えた。

全部で大さじ2くらいの鶏油になればいいかなと思います。

タレ作り
鶏肉飯レシピ

鶏油の中に醤油と砂糖を加え、砂糖が溶けたら油葱酥(揚げエシャロット)を加え軽く混ぜる。

揚げエシャロットはレシピ本では最後にトッピングとしてかけているので、煮込みたいかふりかけにしたいかはお好みでどうぞ。

あまり煮立たせるとエシャロットが焦げてしまうので軽くで大丈夫です。

鶏胸肉を裂く
鶏肉飯レシピ

冷ましておいた鶏胸肉をひたすら細かく裂く。

これがいちばん大変な作業かも。

鶏肉飯レシピ

丁寧に細かく裂くとより美味しくなると思います。

丼に盛って完成
鶏肉飯レシピ

丼に白米、鶏胸肉、最後にタレをかけて完成です!

鶏肉飯を食べた感想

鶏肉飯レシピ

台湾で食べた「方家鶏肉飯の味!」とまではいきませんが、しっとりお肉と揚げエシャロットの香ばしい香りが効いたタレが、台湾の夜市を思い出させてくれます。

鶏肉飯レシピ

これで当分台湾ロスが埋められそうです。

鶏肉飯レシピ
旦那

目玉焼きをのせてもええんやで!

鶏肉飯レシピ
うーろん

半熟卵は反則やで!好吃すぎる!

材料のポイントと入手方法

油葱酥(揚げエシャロット)

油蔥酥
台湾土産の油蔥酥

油葱酥(揚げエシャロット)は日本のスーパーではなかなか手に入れづらいですが、これがあるのとないのとでは味に大きな違いが出ると思われます。

頂好超市全聯福利中心などの台湾の町中にあるスーパーで買えます。

うーろん

台湾リピーターさんは台湾土産にすることをおすすめします!

日本でも中華食材店では売られていることがあります。新大久保の「華僑服務社」には置いてありましたよ。

ネットでも買えるのでぜひ手に入れてください!

鶏油またはガチョウ油

実は納得する味に到達するまでに紆余曲折を経ていますが、鶏油チーユ(またはガチョウ油)に助けられました。

うーろん

なにげに鶏皮から鶏油を出すのが難しかったです。

私が下手なだけかも…!?

使う鶏胸肉の種類などにもよると思いますが、いつもよりちょっといいブランド鶏胸肉を使ったときは、明らかに鶏皮に厚みがあり鶏油が今までよりたくさん取れました。

鶏油
鶏肉専門店で買った鶏油

ブランド鶏胸肉を買った鶏肉専門店に鶏油チーユが売られていました。

自分で鶏油を出すのに苦戦していたのでこれは救世主!と思い購入。

鶏油が思うように取れない場合は利用してみるのをおすすめします!

一応ネットでも市販の鶏油が販売されているようです。

ガチョウ油
台湾土産のガチョウ油

これは台湾で買ってきた揚げエシャロットが入ったガチョウ油です。

これがあれば揚げエシャロットもいらないので、これひとつで事足りてしまう魔法の品です(笑)

しかもガチョウの油なので、鶏油より美味しさがパワーアップするかもしれません。

鶏胸肉の茹で汁はチキンスープにしましょう

さて、鶏胸肉を煮込んだ茹で汁は美味しい美味しいチキンスープとして使えるので、そのまま鍋に小さじ1〜2くらいのウェイパー(中華風スープの素)と大さじ1の酒を入れ、冷蔵庫にある野菜やきのこ類を入れて簡単スープにしてしまいましょう。

もともとチキンのうまみが出ているので、そんなにウェイパーを入れなくても大丈夫だったりします。

ウェイパーの量は茹でたお湯の量にもよるので、味見しながら調節してください。

具は例えばニンジン、えのき茸、溶き卵、ネギなどなど冷蔵庫にあるものでOKです。

最後に胡椒で味を整えて完成です。

寒い日は水溶き片栗粉でとろみをつけても熱々で美味しいです。

うーろん

美味しい鶏肉飯をお家でも楽しんでみてね!

台湾食材アイキャッチ【台湾土産】日本で台湾料理を作るのに便利な台湾食材・調味料まとめ【おすすめ】 華僑服務社新大久保「華僑服務社」で買える台湾食材やお菓子を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。