私も毎回利用!台湾SIMカードはKKdayで購入がおすすめ

台湾リピーターの私がおすすめする台湾ガイドブック10選

おすすめ台湾ガイドブック

初めて台湾に行こうと思い立ったらとりあえずガイドブックが欲しいところです。

ですが本当にたくさんの台湾関連の本が出版されていてかなり迷います。

そこで本記事では2016年の夏に初めて台湾に行ってから、毎年1回以上は台湾へ足を運ぶようになった私が「これは買ってよかった!」と思う台湾のガイドブックを紹介します。

うーろん
ガイドブック選びの参考にしてもらえたら幸いです。
注意

台湾は新規オープンのお店や移転、閉店のサイクルが早いお店も多いです。

最新情報はお店の公式サイトやFacebook、Googleマップなどで確認してから行くようにしてください。

最初の1冊は王道ガイドブック

初めての台湾旅行だという方は「るるぶ」や「まっぷる」のような、その年の最新情報を網羅した王道ガイドブックな本を1冊は買うことをおすすめします。

この手の本は何も知らない国についてサクッと知るには便利な本です。

マップや通貨のことなど国の基本情報もまとめて載っているので、ある程度勉強してから出発できます。

本屋でパラパラめくって気に入ったものを購入してください。

そしてその中でも気になったエリアやもっと深く知りたいと思ったことを、雑誌ではない書籍で補うというのがおすすめです。

台北(台湾全土)

台湾行ったらこれ食べよう!シリーズ

掲載地域:台北

「台湾行ったらこれ食べよう」シリーズの本には本当にお世話になっています。

同じ漢字圏とはいえ見慣れない漢字や、日本と台湾では意味が違ったりする漢字もあり、この本でまとめられている食べ物に関する漢字の意味や料理名、料理写真一覧がとても便利です。

台湾行ったらこれ食べよう

意味不明な漢字や料理の見た目だけだと絶対に注文しないようなものへの理解が深まります。

私は漢字などをまとめたページをスキャンしてスマホに保存し、台湾でいつでも確認できるようにして活用しています。

そして紹介される料理写真のおいしそうなこと!飯テロ注意です。

本の中で紹介されているお店は台北だけですが、別の地域で同じメニューを見つけたら挑戦するというふうに活用できます。

台湾初心者でもリピーターでも役に立つ本です。

台湾全土

LIP的台湾案内 こんにちは! 新しい台湾

掲載地域:台北・台中・台南・高雄・台東・花蓮・宜蘭

「LIP的台湾案内」は正直好き嫌いがわかれる本だと思います。

アートやデザインなどが好きな方ならきっと気にいるはずです。紙質、印刷、カラーなどを見てもアート的な本で、値段もそんなに安くはないです。

台湾の食べ物、文化、人、言葉などなど本当に台湾が好きな人が作った本だなというのが伝わります。

台湾のチープな雑貨や文化などが好きな人はハマると思います。

台湾関連の本にありがちな台北メインで他の地域は1ページにまとめられている…というようなこともなく、台南や台中、花蓮などの情報も載っています。

台湾初心者向けというよりはリピーター向けだと思います。

台南

LOVE台南 台湾の京都で食べ遊び

掲載地域:台南市街地・安平・玉井・新化老街

「LOVE台南」はALLイラストで描かれた台南の本です。

私は著者であるイラストレーターの佐々木千絵さんの、カラフルでかわいらしいイラストが大好きなのでとても好きな本です。

LOVE台南

台南に特化した本はめずらしく、とても詳しく紹介されているのでコレ1冊で台南はOK!と思えるくらい。

日本統治時代の建築や台南の路地のことなど、食べ物以外もイラストで紹介されているので勉強になります。

台湾のかわいい雑貨や日用品もかわいいイラストで表現されていて欲しくなる気持ちも倍増です!

この本で紹介されている台南の古民家にも宿泊してきました。

台南市街地の情報がメインですが、1日では絶対にまわりきれないだろうなという情報量。

佐々木千絵さんのイラストが好き!かわいい雑貨が好き!という方ならきっと気にいるはず。

初めての台南、リピーターともにおすすめ。

大台南見聞録

掲載地域:台南市街地・安平・麻豆・玉井・關子嶺温泉

「大台南見聞録」も先ほど紹介した「LOVE台南」と同じくALLイラストの台南の本です。

著者はヤマサキタツヤさんという男性イラストレーターなので、女性の佐々木千絵さんとはまた違ったタッチのイラストが楽しめます。

大台南見聞録

とにかく多種多様の台南グルメがどれもおいしそうに描かれていて、ヨダレが出そうになること間違いなしです!(笑)

大台南見聞録

蚵仔煎の照り具合いも最高です!

そして大台南見聞録では台南中心部の市街地だけでなく、郊外の西港や麻豆などのことも紹介されています。

郊外へのバスでの行き方なんかも詳しく載っているので、台南郊外へ挑戦してみようかなと思っている方にはぴったりだと思います。

もちろん台南市街地の情報も満載ですよ。

個人的には発音が難しい中国語を、大阪弁のイントネーションになぞらえて紹介しているコーナーが「おもしろい!」と思ったのですが、私は関西人じゃないので正しい大阪弁のイントネーションがわからなくて大阪弁と中国語を行き来して、結局あっているのかよくわからないというループに陥りました(笑)

初めての台南、リピーターともにおすすめ。

愛の台南

掲載地域:台南市街地・安平

「愛の台南」は先ほど紹介した「LIP的台湾案内」よりも好き嫌いがわかれる本かもしれません。

Amazonのレビューも賛否両論ですね…

おしゃれな台湾のZINEを1冊の本にまとめたような、どちらかというと個性的な本です。

アートブックやZINEに興味がない人が通常の台南ガイドブックだと思って買うと失敗するかもしれません。

愛の台南

この感じを見ていただければなんとなく世界観はおわかりいただけるかと思います。

私はアートブックや写真集をながめるのが大好きなので、この色合いとか紙質最高!と思ってしまうのですが、そこは人それぞれですよね。

愛の台南

写真家さんの本なので写真がとても素敵です。

台南×ZINEの相性はバツグンです!

愛の台南

意外と食べ物屋さんの情報もジャンルごとに細かくまとめられていて、オシャレなだけじゃないところが良いです。

愛の台南

どちらかというとリピーター向けかなと思いました。そしてアート好きな人向けです。

旅行後に見ると「また台南に行きたいな」と思い出が蘇るような本です。

台湾南部

台南 高雄 とっておきの歩き方

掲載地域:台南市街地・安平・玉井・高雄市街地・美濃・墾丁など

「台南 高雄 とっておきの歩き方」は台南と高雄をメインに南部に特化したガイドブックといった感じです。

よくある台湾のガイドブックでは台北は詳しく載っていますが、台南や高雄はペラっとしか紹介されていなかったりして少し物足りなさを感じることがあります。(最近は少しマシになってきたと思いますが、私が初めて台湾に行ったときに買った王道ガイドブックは、台北以外の地域は台南だけ最後の方にチラッと載っているだけでした。)

王道観光スポットから郊外の玉井や美濃なども紹介されています。

台南 高雄 とっておきの歩き方

手書きのイラストマップが観光ポイントを捉えていて見やすいです。

台南と高雄の初心者、リピーターともにおすすめな本です。

南台湾旅事情故事

掲載地域:台南市街地・安平・高雄市街地・恒春・墾丁・嘉義・澎湖など

「南台湾旅事情故事」も台南と高雄をメインに南部に特化したガイドブックという感じです。

嘉義や澎湖、墾丁などの地域もページを割いて紹介されています。

著者がカメラマンさんなので写真がとてもきれい!

南台湾旅事情故事

高雄の人気スポットである美麗島、中央公園、文化中心、旗津などもページごとに紹介されていて、行きたいと思ったスポットごとに見やすいです。

台南と高雄の初心者、リピーターともにおすすめな本です。

台湾東部

はじめまして、東台湾。

掲載地域:台東・花蓮

台湾東部の台東や花蓮に行ってみたいなと思ってもなかなか詳しく解説した本がなかったのですがついに発売されました。

大きく台東と花蓮にわけて紹介されています。

東台湾

現地で体験できるDIYや原住民文化の雑貨や文化なども写真付きで詳しく紹介。

東台湾

もちろん東部ならではなグルメ情報も満載です。

まだこの本を購入してから東台湾へ行っていないのですが、すでに行こうと思っているごはん屋さんやオシャレな雑貨屋さんもチェック済みです!

そしてこの本で紹介されているホテルに予約を入れたので感想なども旅行後に更新します。乞うご期待!

初めての台湾東部ならこれ一冊で大丈夫そうです!

台湾土産

台湾のおいしいおみやげ

「台湾のおいしいおみやげ」は冒頭で紹介した「台湾行ったらこれ食べよう!」と同じ台湾大好き編集部さんによる本です。

私はどうやらこの台湾大好き編集部さんの本が好きなようです。写真もキレイで内容も充実していてとても参考になります。

台湾土産だけに特化しためずらしい本です。

パイナップルケーキやお茶など定番の台湾土産だけでなく、日本ではほぼお目にかかれないような調味料やお菓子など、知らないものもたくさん紹介されています。

台湾のおいしいおみやげ

料理好きな人にうれしい調味料も。使い方なども紹介されているので安心です。

台湾のおいしいおみやげ

私は台湾には5回以上行っているリピーターではありますがまだまだ知らないものだらけ。

見た目だけだと絶対手を出さなそうなものも、どんな食べ物か詳しく紹介されているので「次回のお土産に買って帰ろうかな!」と思わせてくれます。

台湾のおいしいおみやげ

それから最後のページに検疫のことも詳しく書かれていて読者への愛を感じました。

こういうことまできちんと書いている本って少ない気がします。

この本でも触れられていますが日々状況は変わっていくので最新情報は動物検疫所のホームページでご確認ください。

うーろん
おすすめ台湾ガイドブックが増えたら随時追加していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。