うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!!!

【台湾旅行持ち物リスト】リピーターがいつも持って行くものを紹介【2019】

台湾旅行荷物

旅行の準備は大変だけど、ワクワクする気持ちもあり楽しい時間だったりしますよね。

他の台湾好きさんがどんな荷物を持って行くのか気になったりしませんか?

私は気になるタイプなので、ブロガーさんの荷物紹介記事を読んで参考にさせていただいたりしています。

台湾リピーターになると「これは要るな」、逆に「これはなくてもいいかな」というのがだんだんわかってきます。

本記事では台湾リピーターの私が試行錯誤の末たどり着いた、台湾にいつも持って行くものを紹介します。

うーろん

ぜひ台湾旅行の参考にしてね!

これさえあればなんとかなる必需品

最悪これさえあればあとは現地調達でなんとかなる必需品です。

パスポート

パスポートがないと何も始まりません。

最初の頃はパスポートのコピーも持って行きましたが、最近はスマートフォン内のメモにパスポート番号を控えたり、パスポートの顔写真ページの画像を保存しています。

パスポートの有効期限の確認もお忘れなく。

日本国籍の方の入国時のパスポート残存期間に関して、規定が変更になりました。これまで3ヶ月以上の残存期間が必要でしたが、2017年8月15日より、滞在日数以上の残存期間があれば入国できるようになりました。(通常旅券及び公務旅券、外交旅券を含む)

https://www.roc-taiwan.org/jp_ja/post/49589.html

帰る日までの有効期限があれば大丈夫になったのですね。

お金・クレジットカード(海外旅行保険)

台湾旅行持ち物リスト

お金は現地でどんなお土産を買って、どんなレベルの料理を食べるかによりますが、だいたい1日10,000円あれば大丈夫かと。

両替は台湾の空港でするのがレートが良く手数料も安くお得です。

クレジットカードがあればちょっといいレストランで食べるときも現金が減らず安心。

私はいつも楽天カードを持って行き、利用付帯で海外旅行保険を付けています。

私は飛行機代を楽天カードで支払うことで利用条件をクリアしています。

台湾で死んだ時より、病気や怪我で病院に行くことになるケースの方が、起こりがちで補償されると助かるのではないでしょうか。

楽天カードの疾病治療費用は200万円も補償されるので、よほどのことがない限りは安心できそうです。

スマートフォン(航空券)

最近の航空券はメールで予約情報が送られてくるため、スマートフォンさえあればなんとかなる可能性が高いです。

私はいつも念のため航空券の予約情報をプリントアウトして持って行きます。

ホテル予約の控えも一緒にプリントアウトしています。

旅が便利になるもの

スーツケース

台湾旅行持ち物リスト
左:機内持ち込み用スーツケース 右:エミネント プロ Lサイズ(73リットル)

エミネントが台湾のメーカーということで、台湾大好きな私は迷わずこのスーツケースを選択。

頑丈でキャスターもスムーズで使いやすいスーツケースです。

でもスーツケースって家での収納に困ることもありますよね。

そんなときはレンタルがおすすめ。

リモワ、サムソナイト、プロテカなど憧れメーカーのスーツケースが安く借りられて、往復送料無料!

スーツケースはレンタルする時代!【アールワイレンタル】

日本製で高品質なことで有名なエース。

こちらはエース直営のスーツケースレンタル専用サイトなので安心ですね。

エースサービスオンラインストア

ラゲッジチェッカー

LCCで台湾に行くならないと困る、荷物の重さをはかるものです。

機内持ち込み手荷物の重量制限が年々厳しくなるLCCですが、少しでもオーバーしてしまうと高額な預け入れ手荷物料金を払うことになります。

悠遊カード(悠遊卡)・iPASS(一卡通)

悠遊卡とiPASS
左:悠遊卡 右:iPASS

悠遊カード、iPASSは日本で言うところのSuicaのようなもので、地下鉄やバスに乗るのに便利なカードです。

台湾の空港や駅で販売しているので、台湾に着いてから買うことができます。

Amazonなどの通販でも買えるので、事前に準備しておきたい方にはおすすめ。

プリペイドSIM・ポケットWi-Fi

台湾旅行持ち物リスト
SIMカードとSIMピンをSDカードケースに入れています

Googleマップを見ながら町歩きするといろいろ捗ります!

海外でネットが使えないと大変不便です。

うーろん

過去に台湾の町中で使えるフリーWi-Fi(Taipei Freeなど)に登録し、それだけで乗り切ってみたことがありますが、正直不便でした。

SIMフリーのスマートフォンを所持している私は、いつもKKdayでプリペイドSIMを予約して空港で受け取っています。

現地の空港で買うよりすばやく、そして少し安く買えるので便利ですよ。

KKdayのプリペイドSIMを利用した感想記事も書いているので参考にどうぞ。

kkday 中華電信 SIM【中華電信】KKdayのSIMカードは安くて便利!リピートした理由【台灣大哥大】

>>https://oolongsan.com/kkday-communication/

そして入れ替えたSIMカードをなくさないよう、ケースを準備することをおすすめします。

帰りの機内でSIMカードを交換できるSIMピン付きのセットが便利です。

SIMフリーのスマートフォンではない方は、KKdayにはポケットWi-Fiをレンタルするプランもありますよ。

レンタルWi-Fiなら大手2社は人気があり、ネット割引をやっていたりします。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリー
RAVPower モバイルバッテリー

6700mAhモバイルバッテリーと2ポートUSB急速充電器が一体化したもの。

プラグ付きなのでiPhoneの充電プラグを個別に持ち歩かなくていいし、USBも2ポートあり、これ1つで例えばデジカメとスマートフォンが同時に充電できてしまう優れものです。

しかも急速充電なので充電が早いです!

台湾旅行持ち物リスト

Ankerからも同じような商品が出ておりAnkerは5000mAh、このRAVPowerは6700mAhと容量が大きかったのでこちらを選択。

RAVPowerというメーカー名からなんかあやしい中華メーカー(失礼)かと思いきや、アメリカの会社でした。

Amazonでもベストセラーで口コミもたくさんあったので安心できるかと!

注意

モバイルバッテリーは預け入れ手荷物にできない。必ず機内へ。

詳しくは携帯電話やデジタルカメラなどのバッテリー類の航空機内持ち込み、お預け入れについて

トラベルオーガナイザー(パスポートケース)

台湾旅行持ち物リスト

空港で保安検査や入国審査をするときに、パスポートやその他貴重品をバラバラと持っていると落としそうだったり、どこへしまったか忘れたりしそうなので、ハイタイドのトラベルオーガナイザーにまとめて入れています。

台湾旅行持ち物リスト

ポケットがたくさんあって小分けに収納できて便利。

パスポート、悠遊カード、お金、SIMカード、スーツケースの鍵、プリントアウトした航空券予約情報などを入れています。

ボールペン・メモ帳

台湾旅行持ち物リスト

機内で入国カードを書く場合はボールペンが必要です。

私は事前にオンライン入国カードを申請しています。

あと台湾は漢字圏なので言葉の壁があっても筆談で通じることが多く、メモ帳があると大変便利です。

アーミーナイフ

パッションフルーツ
スーパーで買ったパッションフルーツをホテルで食べた

フルーツが美味しい台湾に行ったら、スーパーやフルーツ屋さんでめずらしいフルーツを買って食べるのが楽しみのひとつです。

アーミーナイフがあるとパッションフルーツやマンゴーも簡単にカットできますよ。

注意

ナイフは機内に持ち込みできない。預け入れ手荷物へ。

バッグ類

エコバッグ

台湾旅行持ち物リスト
全聯福利中心のエコバッグ
注意

台湾では環境保護のため、2018年元日よりスーパーやドリンク店でビニール袋の無料提供が禁止になりました。

2019年7月よりファストフード店などの「店内」利用におけるプラスチック製ストローの提供が禁止になりました。

そのためコンビニやスーパーで買い物する際は、有料のビニール袋を買うかエコバッグを準備する必要があります。

台湾旅行持ち物リスト

お手持ちのエコバッグを持って行くのもいいですし、台湾土産に台湾らしいエコバッグを買うのも良さそうですね。

日本のスーパーのビニール袋を折りたたんでバッグに入れておくのもおすすめです。

ドリンクホルダー

台湾旅行持ち物リスト
合成帆布行のドリンクホルダー

これは台南の老舗帆布バッグ店合成帆布行のドリンクホルダーです。

ビニール袋と同じくドリンク袋の無料提供も禁止になったので、台湾ではこのようなドリンクホルダーがいろいろなところで売られています。

台湾旅行持ち物リスト

タピオカミルクティーやフレッシュジュースなどを買ったときに便利に持てるので重宝しています。

もちろん日本でドリンクを買ったときにも使えますよ。

台湾土産におすすめです。

合成帆布行【ドリンクホルダー】台南「合成帆布行」便利でかわいい台湾土産【帆布バッグ】

>>https://oolongsan.com/synthetic-canvas-line/

町歩き用バッグ

台湾旅行持ち物リスト

今までリュックやもう少し小さめのトートバッグなど、いろいろ持って行ってみましたが、最終的に迪化街の永楽市場内で買ったこの客家花布トートバッグを愛用しています。

ラミネート加工(撥水加工)なので、多少の雨や夜市グルメで汚しても、さっと拭き取ればキレイになるのでガシガシ使えます。

大容量の大きめトートバッグを選択したので、お土産をたくさん買っても大丈夫!

客家花布トートバッグ台北「客家花布トートバッグ」台湾土産や街歩きバッグにおすすめ!

>>https://oolongsan.com/hakka-flower-cloth-tote-bag/

化粧品・衛生用品・薬

化粧品・メイク道具

クレンジング、化粧水、洗顔フォームなどは普段家で使っているもののほうが安心。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープなどはホテル備え付けのものを使うことが多いです。

注意

100mlを超える液体物は機内持ち込みできない。
100ml以下の容器に移し替えるか預け入れ手荷物へ。

詳しくは液体物の持ち込みについて(国際線)

私は深夜便とかじゃない限り、めんどくさい化粧品類の液体物は一式預け入れ手荷物にぶっ込んでいます。

どうしても化粧直ししないといけないときは、必要なぶんだけ小分けの容器に入れて機内持ち込みします。

女子ってめんどくさいよね…

歯ブラシ・歯磨き粉

私は普段コンパクトヘッドの歯ブラシを使っているので家から持って行きます。

ホテルの歯ブラシってとんでもなくでかいヘッドのものが多く、キレイに磨けた気がしなくて…

歯磨き粉は液体物になります。

注意

100mlを超える液体物は機内持ち込みできない。
100ml以下の容器に移し替えるか預け入れ手荷物へ。

詳しくは液体物の持ち込みについて(国際線)

生理用品

旅行中に急に生理になってしまっても、台湾のスーパーやドラッグストアで日本の生理用品が売っているのでそんなに心配することもないです。

台湾メーカーの生理用品もかわいいものが売っているので、旅の思い出に買ってみるのも楽しいです。

マスク

乾燥が激しい機内でマスクは必需品です。

それから台湾ではバイクがたくさん走っており排気ガスもすごいです。

PM2.5の多い季節や、喘息持ち、アレルギー体質の方は特にマスク着用をおすすめします。

ウェットティッシュ

夜市や道端で買い食いすることが多い台湾では、絶対あったほうがいいウェットティッシュ。

ウェットティッシュがあれば、油で手がギトギトになりがちな雞排も安心して食べられます。

水に流せるポケットティッシュ

台湾のトイレではトイレットペーパーが流せないことも多いです。

トイレットペーパーがないこともあるので、水に流せるポケットティッシュを持っているとなにかと便利。

アイマスク

台湾旅行持ち物リスト

半分ネタです(笑)

日本から台湾までは3~4時間くらいとあっという間のフライトなので、グッスリ眠る必要もないのですが、もしも眠くなったときのために。

バスで長距離移動するときに外が眩しいときにも使えるかも。

耳栓

台湾旅行持ち物リスト

いつも持って行くけど意外と使わないのですが、もしも飛行機で隣にすごいうるさい人(イビキとか)が来たときのために。念のためです(笑)

ホテルの防音がイケてなかったときにも使えそう。

安いし小さいのでポーチにポイッと入れておけば安心!

薬(常備薬)

台湾旅行持ち物リスト
酔い止め薬

いつも飲む薬がある方はお忘れなく。

常備薬に加え私は飛行機やバスで酔いやすいので、酔い止め薬も準備しました。

胃腸が弱い方、お腹を下しやすい方も普段飲み慣れている薬を準備することをおすすめします。

薬って薬局でしか買えないと思っていましたがAmazonで買えるんですね。しかも安い。

衣類

着替え・下着・靴下

何日間滞在するかにもよりますが、私の場合1週間くらい滞在するときは2~3日分の着替えを持って行き、途中コインランドリーで洗濯します。

パジャマ・ルームウェア

日本のホテルだと浴衣があったりしますが、台湾のホテルにはないのでパジャマやルームウェアをお忘れなく。

羽織るもの・パーカー

台湾のクーラーはガンガンに効いていることが多く、店内、バス内などは寒くなることも。

そんなときは軽く羽織るものがあると便利です。

その他必要に応じて

ガイドブック

最近はスマートフォンで事足りるので、現地でガイドブックの必要性をそんなに感じなくなりました。

まだ台湾に慣れない方は一冊くらいあるといいかも。

おすすめ台湾ガイドブック台湾リピーターの私がおすすめする台湾ガイドブック10選

>>https://oolongsan.com/taiwan-guide-book/

カメラ

台湾旅行持ち物リスト

当ブログ(ぱいせー台湾)の写真はほぼこのカメラSONY RX100M3で構成されています。

一眼レフやミラーレスさえも持ちたくない!めんどいから重いのは嫌!だけどそこそこいい絵を映し出してほしい!という、わがまますぎる私の願いを叶えてくれたコンパクトデジカメです。

どれだけおすすめなのかはRX100M3の記事に詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください。

RX100M3【RX100M3レビュー】女子の旅行カメラに最適!2年使い倒した感想

>>https://oolongsan.com/sony-rx100m3/

SDカード

台湾旅行持ち物リスト

写真をどのくらい撮り、どのサイズで保存するかにもよりますが、私はいつもこの64GBのSDカードを2枚持って行きます。

海外リテール版なので安いけどちゃんと使えてますよ!

雨具

台湾旅行持ち物リスト
小北百貨で買った折りたたみ傘

最初の頃は折りたたみ傘を持って行っていたのですが、滞在中一度も使わないことが多々あり、最近は雨が降ったら現地調達方式になりました。

傘を持って行かなかったときに限って雨が降るんですよね〜。

これは小北百貨で買った安くてチープな傘ではありますが、旅行中くらいならなんとかもってくれます。

夏の台湾で必要なもの

日焼け止め

台湾旅行持ち物リスト

日差しが強い台湾で日焼け止めは欠かせません。

日焼け止めを塗らないと、火傷のようになってしまうこともあり危険なのでお忘れなく!

もし忘れてしまっても台湾のスーパーやドラッグストアで買えますよ。

注意

100mlを超える液体物は機内持ち込みできない。
100ml以下の容器に移し替えるか預け入れ手荷物へ。

詳しくは液体物の持ち込みについて(国際線)

虫除けスプレー

台湾旅行持ち物リスト
小北百貨で買った虫除けスプレー

虫除けスプレーは台湾で買うことをおすすめします。

台湾には小黑蚊という刺されると厄介な蚊がいて、日本の虫除けスプレーだと効かないことがあるそうです。

小北百貨などの日用品店や大きめスーパーなどで買えますよ。

サングラス

CLASSICOサングラス

私がいつも台湾に持って行くのは、台湾で買ったお気に入りメガネブランド「CLASSICO」のサングラス。

台湾は日差しが強いのでサングラスは必需品です。

冬でも晴れた日は眩しくなるのであったほうがいいです。

CLASSICO台北「CLASSICO」おしゃれメガネブランドで贅沢な台湾土産はいかが?

>>https://oolongsan.com/taiwan-handcraft-glasses/

帽子

快適に町歩きをするなら日差しから頭を守る帽子も必要です。

私はいつもこんな感じのキャップを持って行きます。

サンダル

台湾旅行持ち物リスト

夏の台湾ではいつもTevaのサンダルです。

涼しくて楽ちん。雨が降っても気にならない。歩きやすく疲れにくいです。

足の甲に日焼け止めを塗るのをお忘れなく。

冬の台湾で必要なもの

ウルトラライトダウン

ユニクロ公式サイトより

ユニクロのウルトラライトダウンはコンパクトにしまえるので、とりあえずバッグの中に入れておいて肌寒くなったら羽織るというふうに使えて便利です。

参考にしているおすすめサイト

飛行機に持ち込めるもの持ち込めないものなど、イラスト入りでわかりやすくまとめられています。

私はプリントアウトしていつでも確認できるようにしています。

うーろん

これ便利そう!とかこれはなくていいかな!など自分の旅行スタイルにあった荷物を選択してみてね。

KKdayプリペイドSIMがお得で便利!

kkday 中華電信 SIM

 

台湾へ行くとき、私がいつも使っているのがKKdayのプリペイドSIMです。

 

中華電信なら台湾各空港で受け取り可能で、台灣大哥大なら桃園国際空港で24時間受け取り可能です。

 

どちらも空港で買うより安く、便利すぎてなくてはならないものに。

 

KKdayではポケットWi-Fiのレンタルもできますよ。

 

うーろん
KKdayプリペイドSIMを使用した感想記事も書いています!

>>KKdayプリペイドSIMを使用した感想記事

 

今すぐチェック!

中華電信プリペイドSIM

台灣大哥大プリペイドSIM

4GポケットWi-Fiレンタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。