うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!!!

【RX100M3レビュー】女子の旅行カメラに最適!2年使い倒した感想

RX100M3

一眼レフやミラーレスってプロっぽくてかっこいいですよね。

でもいちばんのネックはその大きさと重さです。

旅行中はただでさえ普段とは違う環境。

お土産などを買い込んだ重い荷物で、大きいカメラを構える余裕もなくなってきます。

無理して一眼レフやミラーレスを持ち歩かなくても、高級コンデジを使用すればいい感じの写真は十分撮れます!

おすすめな人!
  • 旅行で持ち歩くのが苦にならないコンパクトさを希望
  • だけど画質や性能に妥協はしたくない
  • スマホ以上の画質とボケが欲しい
  • 自撮りしたい
  • 写真をすぐSNSに載せたい(Wi-Fiで画像転送可能)
うーろん

軽くてコンパクトなのがいい!

だけど画質や性能も妥協したくない!

そんなわがまますぎる私の願いを叶えてくれたのがSONYのRX100M3

本記事では高級コンデジRX100M3を2年以上使い倒した感想を、作例とともに紹介します。

SONY RX100M3のレビュー

とにかく軽くてコンパクト

女性の一眼レフユーザーでよく聞くのが

  • 重くて持ち歩くのが面倒なので、今回の旅行には持って行かなかった
  • 持ってきたけど重いからホテルに置いてきた
  • 今回はスマホで撮る

というような話です。

女性にとって一眼レフの重さってかなり負担になります。

せっかく高価な一眼レフを買っても、旅行に持って行かなかったら意味がないですよね。

女性はメイクグッズなどバッグの中に欠かせないものが多いわりに、男性に比べるとか弱いのでカメラの重さがネックになってきます。

その点RX100M3はとてもコンパクトで、女性でも持ち歩くのが全然苦ではないです。

RX100M3

RX100M3は手のひらサイズのコンパクトさ。

重さは290gです。

うーろん

350mlの缶ジュースよりも軽いんです!か弱い女子も安心。

首からかけるストラップなどをつけない場合は、ポケットに入れておくこともできるサイズ感です。

RX100M3

私はこのようなカメラストラップ(ヨセミテカメラストラップ)を使用していますが、肩や首がこることはほとんどないですし、旅行中は常に首から下げていつでも写真を撮れるようにしています。

RX100M3で愛用中のアクセサリーはこちらの記事で詳しく紹介しています。

RX100M3 accessoriesSONY RX100M3の買ってよかったおすすめアクセサリー

>>https://oolongsan.com/rx100m3-accessories/

この気軽さこそ旅行先で写真を撮るのに重要な点だと思います。

「あの建物素敵だな!」「あっ、猫!」などなど、旅行中のシャッターチャンスは一期一会。

サッと撮れることが重要です。

旅行以外でも、ちょっとそこまでのお出かけに「とりあえずバッグに入れておこう!」と思えるので、不意に出会ったシャッターチャンスも逃しません。

一眼レフのようなボケが出せる(作例あり)

コンパクトデジカメの購入を迷う点は、一眼レフのようないい感じに背景がボケた写真が撮れるのか?という部分ではないでしょうか。

コンデジで一眼レフのようなボケた写真が撮れるのか?

撮れます!

RX100M3は明るいレンズを搭載しているので、コンデジだけどいい感じに背景をボカした写真を撮ることが可能です。

鼎泰豊
小籠包

鼎泰豊の小籠包もこんなに背景がボケてくれます。

世界豆漿大王
大根餅

絞り優先(A)のF値1.8で手前のものにピントを合わせて撮影すれば、いい感じに背景がボケてくれます。

View Hostel(ビューホステル)
サンドイッチ

背景が遠いとより一層ボケが増します。

西門町 焼きトウモロコシ
焼きトウモロコシ

夜間の撮影だって全然大丈夫!

フラッシュなしでこんなにキレイに撮れました。

台北駅
台北駅

もちろん食べ物以外のものも背景をボカして撮影できますよ。

小丁丁

こいつだってこんなにいい感じに撮影可能(笑)

F値1.8の明るいレンズを搭載

RX100M3のF値は1.8です。

MEMO

F値は数字が小さい方が明るいレンズだという意味。
そして明るいレンズは高価です。

このカメラのF値というのが、カメラのレンズの良し悪しを測るのに重要だと思っていて、明るいレンズを搭載しているといい感じにボカした、一眼レフで撮影したような写真が撮れるのです。

明るいレンズだと薄暗いカフェなどで撮影したいときも、フラッシュを焚かなくても全然大丈夫!

今までいろんなシーンで撮影してきましたが、フラッシュを使ったことはほとんどありません。

フラッシュを焚くと雰囲気ぶち壊しな写真になってしまいがちですよね。

もともとのレンズの明るさがあるからブレにくく、初心者が失敗しがちな写真のブレも少なくなります。

最近のスマートフォンのカメラも画質や性能が良くなりましたが、それでも高級コンデジには敵いませんし、夜景や接写には弱いです。

キレイな夜景や美味しそうな食べ物を間近でキレイに撮影するには、まだまだ高級コンデジの方が性能は上です。

自撮りとローアングル撮影が可能

RX100M3

こんな感じで液晶画面が上方向に180度動かせるので自撮りも可能。

セルフタイマーもあるので旅行先で気軽に記念撮影もできます。

周りに誰か撮ってくれる人がいないときや、海外などで他人にカメラを渡すのが不安な場合も、画面を確認しながらの自撮りが可能です。

YouTubeなどの動画を撮りたい人にも便利な機能ですね。

RX100M3

画面は下方向にも動かせるので、ローアングル/ハイアングルの撮影もつらくないです。

RX100M3

ローアングルの撮影というのはこういう状況。

子供や動物を子供/動物目線で撮りたいときに、自分が無理して屈まなくてもカメラを下に向ければ、画面を確認しながら撮影することが可能なんです。

他にもスカイツリーのような高さのあるものを、地面側から全体像を撮りたいときにも、地面に這いつくばらず撮影ができます!

ファインダーとフラッシュがある

RX100M3

RX100M3はコンパクトだけど、実はファインダーとフラッシュがひそかに格納されています。

私ははじめ「ファインダーなんていらないかな」と思っていましたが、リゾートに持って行きたいと思っている方は、きっと「あってよかった」と感じますよ!

なぜなら日差しが強いと画面が見づらくて撮影に影響が出ます。

炎天下のスマートフォン画面を思い出してみてください。

見づらくて手で影を作って画面を見たことがありませんか?

こんなときにファインダーがあると日光に影響なく撮影できます。

私がよく行く台湾も日差しが強くて画面が見づらいことがあるので、本当に助かっています。

明るいレンズなのでフラッシュはあまり使う機会はないかもしれませんが、あえてフラッシュを焚いてオシャレ雑誌の写真ぽく撮ってみたりするのも楽しいですよ。

モバイルバッテリーで充電できる

SONY RX100M3
RAVPower モバイルバッテリー

スマートフォンのモバイルバッテリーを持ち歩いているという方も多いと思いますが、RX100M3はモバイルバッテリーで充電可能です。

旅行先では1日中動き回って撮影するということも多いですよね。

途中で充電がなくなるなんてこともあるかもしれません。

外出先で急にデジカメの充電がなくなっても、モバイルバッテリーを持っていればすぐに充電できます。

私が普段から愛用しているのがRAVPowerのモバイルバッテリー

USBが2ポートあるのでカメラとスマートフォンの同時充電が可能で便利すぎです!

もちろん純正バッテリーも売っているので、予備で持っておくというのもおすすめ。

Wi-Fi接続で画像を転送できる

当ブログ【ぱいせー台湾】では台湾旅行情報をメインに紹介していますが、旅行中はリアルタイムでTwitterフォロワーさんに台湾で撮った写真をシェアしています。

こんな感じで。

なので現地で撮った写真をすぐシェアできるというのは、私にとって大きなポイントです。

Twitter以外にもInstagramなどにリアルタイムで載せたい人も多いはず。

RX100M3なら、スマートフォンにアプリさえインストールしておけばいつでもどこでもWi-Fiで転送できます。

SONY RX100M3のデメリット

コンデジなのに一眼レフレベルの撮影ができるRX100M3

ひとつだけデメリットがあります。それが値段。

RX100M3は2014年発売の機種ですが、全然価格が落ちず高価なままです。

この価格ならエントリーモデルの一眼レフが買えてしまいます。

もちろん高いのには理由があって、それが今まで解説してきたとおりです。

コンパクトで旅行に持って行くのに苦にならない重さ。

それなのに高画質で一眼レフに負けない写真が撮れるRX100M3

多少お値段が張っても結果的には満足できるはず。

SONY RX100M3の作例

ここからはいろいろなシーンで撮影したRX100M3の作例を紹介します。

RX100M3作例

花も鮮やかでいい感じ。

RX100M3作例

桜だって背景をボカして撮影できますよ。

RX100M3作例

逆光でもそれが逆に趣のある写真になったり。

RX100M3作例

夏の青空はとってもいい色。

RX100M3作例

何気ない日常も。

RX100M3作例

薄暗い部屋での接写も雰囲気のある写真になる。

RX100M3作例

もちろん白黒写真もかっこよく決まります。

RX100M3作例

夜間の撮影もフラッシュ無しでちゃんとできます。

RX100M3作例

ネオンの写真もバッチリ。

RX100M3作例

夜の街並みもいい雰囲気。

RX100M3作例

薄暗いゲームセンター内の撮影も、ネオンのキラキラをちゃんと保っています。

暗い場所やネオンの撮影が難なくできるのは、スマートフォンにはできない高級コンデジの強みです。

RX100M3作例

マニュアル撮影(M)で露光時間を長くすると光跡写真も撮れます。

こういうちょっとおもしろい写真を撮影したい人にもおすすめです。

SONY RX100M3のまとめ

昔は旅行に一眼レフを持って行ったこともありました。

ですがレンズと本体という、重くてかさばる荷物に嫌気が差してあまり持ち歩かなくなり…

うーろん

そんなときに出会ったのが画質もコンパクトさも兼ね備えたRX100M3です。

RX100M3を手にしてからは旅行にはもちろん、普段のお出かけにも毎回持って行き、まさにヘビロテ状態。

貴重な旅行先でシャッターチャンスを逃してはもったいないです!

予算に余裕のある方ならRX100M7という最新機種も出ていますが、正直値段が全然可愛くない。

動画撮影より写真撮影がメインならRX100M3の方が、機能と価格のバランスがよくお買い得です。

おすすめな人!
  • 旅行で持ち歩くのが苦にならないコンパクトさを希望
  • だけど画質や性能に妥協はしたくない
  • スマホ以上の画質とボケが欲しい
  • 自撮りしたい
  • 写真をすぐSNSに載せたい(Wi-Fiで画像転送可能)

実はカメラマンの伴貞良さんが、RX100だけで撮った写真を紹介するブログを見て「コンデジでもこんなに雰囲気のある写真が撮れるんだ!」と思い、購入に至りました。

伴さんのは初代のRX100ですが、Wi-Fiでシェアできるというのが私の外せない条件だったのでRX100M3を選択。

この辺はそれぞれの用途に合わせて選べばいいかと思います。

その伴さんが出版しているRX100の撮影ガイド。

カメラ初心者は基本的な使い方やカメラのことを知ると、もっといい写真が撮れるようになります。

こういうときはどんなモードで撮影したらいいのかとか、基礎から知っているのと何も知らないのとでは写真の仕上がりに差が出てきます。

伴さんのブログで紹介されるセッティングの記事だけでも、初心者にはかなり参考になるので、カメラを購入したら読んでみるといいですよ。

それでもカメラは安い買い物ではないし、使い勝手が気になる人はレンタルという手もあります。

レンタルカメラ「Rentio 」でRX100M3は

3泊4日7,980円(送料無料)

でレンタルできます。

>>カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

自分に合うかどうか、実際に使ってみてから買うというのもアリだと思います。

ぜひRX100M3を持ち歩いてたくさんの素敵な思い出を残してくださいね!

RX100M3用に買ったおすすめアクセサリーも紹介しています

RX100M3 accessoriesSONY RX100M3の買ってよかったおすすめアクセサリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。