うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!

【石膏】本格的な豆花レシピを台湾リピーターが伝授する【地瓜粉】

豆花レシピ

近年の台湾人気で豆花を食べられるお店も増えてきましたが、「家で気軽に食べたい!」ということで、本記事では私がいつも家で作っている豆花のレシピを紹介します。

うーろん

豆乳に凝固剤を混ぜるだけの簡単レシピ!

試行錯誤した結果たどり着いた、いま現在安定して作っているレシピです。

レシピサイトで調べると、ゼラチンで固める作り方も見られますが、本場台湾の材料(地瓜粉と硫酸カルシウム)で作る、本格的な作り方を紹介します。

豆花の材料と道具

豆乳はだいたい1000mlで販売されているので全部使って大量に作るか、半分だけ使って作るかを選んでください。

豆花の材料(1000ml)
  • 無調整豆乳…1000ml
  • 地瓜粉…20g
  • 硫酸カルシウム…3g
  • 水…50g
豆花の材料(500ml)
  • 無調整豆乳…500ml
  • 地瓜粉…10g
  • 硫酸カルシウム…2g
  • 水…25g
豆花の道具
  • 豆乳1000ml以上が入る大きなボウル
  • 泡立て器
  • はかり
  • あれば料理用の温度計

豆花の作り方

ボウルに地瓜粉・硫酸カルシウム・水を入れる
豆花レシピ

ボウルに地瓜粉・硫酸カルシウム・水を入れて一旦置いておきます。(これが凝固剤)

ここではまだ混ぜなくてOK!

豆乳を温める
豆花レシピ

豆乳を鍋に入れ沸騰させない直前のふつふつするところまで、泡立て器で混ぜながら弱火〜中火で温める。

焦がさないように注意!

温まったら火を止める
豆花レシピ

泡立て器に豆乳の少し固まり出した感じのものが付きだしたら合図です。(豆乳の種類にもよるかもしれません)

火を止めます。

温度計がある方は85~90度目安。

地瓜粉・硫酸カルシウム・水のボウルをよく混ぜる
豆花レシピ

最初に準備した地瓜粉・硫酸カルシウム・水の入ったボウルを泡立て器でよーく混ぜる。

この粉が豆乳を固める役割を果たすので、しっかりと混ぜるのがポイントです。

勢いよく豆乳を注ぎ入れる
豆花レシピ

先ほどの凝固剤ボウルへ勢いよく、できるだけ高い位置から豆乳を一気に攪拌かくはんする感じで注ぎ入れる。

少しくらいこぼれたっていいんです。

本場台湾でもバッシャーと豪快に作っている映像を見たことがあります。

これは豆乳と凝固材をよく混ぜるための作業なので重要です。

泡を取り除く
泡を取り除いた状態

すぐに固まり始めるので絶対に混ぜない!

上面にできる泡をスプーンで丁寧に取り除きます。

冷蔵庫で冷やす
豆花レシピ
もう固まり始めている

粗熱がとれたら冷蔵庫へ入れて冷やします。

冷えたら完成です!

豆花レシピ
冷蔵庫で冷やす前

ちなみに冷蔵庫で冷やす前でも固まっているので、ちょっと柔らかめだけど食べられます。

豆花レシピ
ちょっとやわやわしてる

ホットで食べたいときはそのままいけます。

できたても美味しいですよ。

豆花レシピ
冷蔵庫で冷やしたあと

冷蔵庫でしっかり冷やすと結構固まる。

豆花レシピ
冷やす前よりしっかりしてる
豆花レシピ

ふわふわ柔らかい豆花をお楽しみください。

Twitterに豆花を固める様子の動画を載せたので、参考にしてみてください。

豆花の材料について

無調整豆乳

三代目茂蔵の濃厚豆乳
三代目茂蔵 無調整濃厚豆乳

豆乳は無調整豆乳を使用してください。

色々と添加されていると固まらない場合があります。

三代目茂蔵の濃厚豆乳は「濃厚」という商品名なだけあって、しっかり固まってくれます。

うーろん

濃厚なものの方がしっかり固まる気がする。

キッコーマンおいしい無調整豆乳
キッコーマン おいしい無調整豆乳

キッコーマンのは、三代目茂蔵の豆乳に比べると柔らかめに仕上がるけど、この豆乳はだいたいのスーパーに置いてあって買いやすい。

地瓜粉(木薯粉・タピオカ粉)

地瓜粉

地瓜粉はタピオカの原材料として知られる粉です。

この粉はちょっとややこしくて、「地瓜=サツマイモ」なのですが原材料はキャッサバ芋です。

商品名はサツマイモだけど原材料はキャッサバ芋。

地瓜粉

日本の片栗粉もカタクリを使用しているものはほとんど見かけず、原材料はジャガイモデンプンであるのと同じことだと思われます。

木薯粉

最近台湾で購入した地瓜粉は、政府の指示で商品名が「地瓜粉」から「木薯粉」に変わりましたと表記されていました。(中身は変わっていません)

今後はこの「木薯粉」という商品名のものが出回るようになるかもしれません。

木薯粉

こちらは台湾のスーパーで買ってきましたが、中華街や新大久保などの中華食材店でも買えますよ。

近くに中華食材店がない方はAmazonや楽天などの通販でも買えます。

MEMO

ちなみに、同じデンプンということで試しに片栗粉で作ってみたら、ちゃんと固まりました。

地瓜粉の準備が難しい場合は片栗粉で代用してみてください。

地瓜粉の分量をそのまま片栗粉に変えるだけです。

硫酸カルシウム(石膏末)

石膏末

そしていちばん問題なのが硫酸カルシウムです。

「なんだそれは?」という感じですよね。

日本の豆腐は一般的ににがりで固めますが、豆花は地瓜粉硫酸カルシウムで固めます。

硫酸カルシウムは石膏の主成分です。

石膏と聞けばなるほど!と思われる方も多いかと思います。

ですが石膏といっても美術などで使う工作用と食用と種類があります。

もちろん食べ物に使うので工作用の石膏は使えません。

硫酸カルシウムは、一部の薬局で取り扱っているところもあるというレベルで、なかなかその辺で買えるものではありませんでした。

ネットで探してみると、少量をお手頃価格で販売しているお店がありました。

豆乳1000mlにつきたったの3gしか使わないので、そんなに大量にいらないんですよね。

とりあえず作ってみたいという場合には、こちらの硫酸カルシウムはとってもオススメです。

もちろんちゃんと固まりましたよ。

そして私のように毎日豆花を食べてしまうくらい台湾にはまってしまった方は、大容量の硫酸カルシウム・石膏末をおすすめします。

石膏末も硫酸カルシウムで、中国では漢方として使用されているようです。もちろん食用。

石膏には解熱作用、消炎作用があるらしい。

上で紹介した少量の硫酸カルシウムが無くなってからは、大容量のを使用しています。

保存方法・シロップ・トッピング

豆花の保存方法

豆花レシピ

豆花は冷蔵庫で2,3日持ちます。

添加物が入っていないので、豆腐と同じくらい早めに食べることをおすすめします。

シロップの作り方

シロップは一青家のレシピを参考にしています。

シロップの材料
  • 水…150g
  • 砂糖…50g

材料を小鍋で軽く煮立たせるだけです。

砂糖の部分は、きび砂糖・黒糖・はちみつ・龍眼はちみつなどいろいろ楽しめる。

水150gのシロップはそんなに多くないので、豆乳1000mlの豆花を作る場合は材料を2倍とかにして、もう少し多めで作るといいです。

トッピング

あずきは井村屋のゆであずきを使用しました。

芋圓のレシピも紹介しています!

芋圓レシピ【台湾】もちもちデザート芋圓(お芋の団子)の作り方【レシピ】

>>https://oolongsan.com/taro-ball-recipe/

オレンジ色のもちもちしたものは、カボチャで作った芋圓(お芋の団子)です。

豆花をより極めたい方はぜひ芋圓も作ってみてください。

面倒な場合は通販で買えます。

豆花レシピ
ゆでピーナッツ・仙草ゼリー・芋圓トッピング

ゆでピーナッツや仙草ゼリーなどをトッピングしたい場合は、缶詰をトッピングするとお手軽です。

うーろん

美味しくて楽しい豆花ライフをお楽しみください。

台湾食材アイキャッチ【台湾土産】日本で台湾料理を作るのに便利な台湾食材・調味料まとめ【おすすめ】 華僑服務社新大久保「華僑服務社」で買える台湾食材やお菓子を紹介 台湾料理レシピまとめ【簡単】台湾リピーターが作る!台湾料理レシピまとめ【本格的】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。