(∩^o^)⊃━☆゜.* 台湾レシピ記事まとめはこちら!

【石頭火鍋】沙茶醤で食べる台湾鍋が美味しすぎるから作ってみませんか?【レシピ】

台湾石頭火鍋レシピ

すき焼きは好きだけど、鍋料理にあまりテンションが上がらない私です…

うーろん
うーろん

台湾で初めて沙茶醤味の鍋を食べて、その美味しさにハマったんです!

そんな私が寒くなるといつも作っている、「台湾石頭火鍋レシピ」を紹介します。

具材は日本風のものでも、沙茶醤タレで食べれば簡単に台湾にトリップできます。

台湾石頭火鍋の材料

材料
  • ごま油(あればこいくち)…大さじ1-2
  • トマト…1個
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 肉(豚バラ肉・ラム肉などの薄切り肉)
  • 海鮮(牡蠣・あさり・カニカマなど)
  • 野菜(白菜・白ネギ・ニラなど)
  • キノコ(しいたけ・えのき・しめじなど)
  • 水…600mlくらい
  • だしの素(ほんだし・ホタテのほんだしブレンド)…小さじ1/2ずつくらい
  • 塩…小さじ1/2くらい
  • 〆の炭水化物(うどん・ラーメン・ご飯など)

だしの素は昆布だしやだしパックなど、ふだん使っているもので構いません。

沙茶醤タレ(2人分)
  • 沙茶醬…大さじ2
  • 醤油…大さじ1
  • 黒酢(鎮江香醋)…大さじ1/2(ふつうの酢でもOK)
  • ごま油…大さじ1/2
  • ニンニク…2かけ(すりおろし)
  • ネギ…適量(小口切り)
  • 唐辛子…2本(小口切り)
  • 卵…1人1個

沙茶醤タレは2人分くらいの量なので、人数に合わせて増減してください。

台湾石頭火鍋の作り方

下準備
台湾鍋レシピ
主な材料

トマト、玉ねぎはくし切り。

台湾鍋レシピ
白菜・ニラ・しめじ・パクチー・カニカマなど

その他の野菜やキノコは食べやすい大きさにカット。

海鮮はきれいに洗ったり砂抜きをしておく。(日本の鍋を作るのと同じ感じです)

台湾鍋レシピ
沙茶醤タレ

沙茶醤タレの卵以外を混ぜあわせておく。

台湾鍋レシピ

人数分に分けて卵を各1個入れておく。

ごま油でトマト・玉ねぎを炒める
台湾鍋レシピ

ごま油(大さじ1-2)をひいた鍋でトマトと玉ねぎを炒める。

MEMO

肉の香ばしさを出したい場合は、ここで何枚か入れて炒めても良い。

石頭火鍋のお店では最初から肉を炒めていることが多い。

肉が固くなるのが気になる場合は、いったん取り出して後で入れる。

水・だしの素・塩を入れる
台湾鍋レシピ

玉ねぎがしんなりして炒まったら水(600ml)を入れ、だしの素(小さじ1/2ずつ)、塩(小さじ1/2)を入れる。

具材を入れて煮込む
台湾鍋レシピ

火が通りにくい白菜の白い部分などから先に入れていく。

台湾鍋レシピ

キノコ、海鮮、カニカマ、野菜(柔らかい部分)などを入れる。

沙茶醤タレをつけて召し上がれ!
台湾鍋レシピ

肉は食べる直前に入れる方が固くならない。お好みでどうぞ。

具材に火が通ったら沙茶醤タレをつけてお召し上がりください。

最初にトマトと玉ねぎをごま油で炒めるのと、沙茶醤タレで食べるのがポイントで、あとは日本の鍋とそんなに変わりはないです。

台湾鍋レシピ

あまり難しく考えず、冷蔵庫に残っている野菜を入れちゃえばいいと思います。

台湾鍋レシピ
沙茶醤タレと卵を混ぜたところ

ご飯がすすみまくる味なので、炭水化物祭りになってしまうけど、〆の麺とご飯と両方味わうのがおすすめ。

台湾鍋レシピ
旦那
旦那

病みつき味の沙茶醤タレが美味しすぎるーー

台湾石頭火鍋レシピ

市販のつみれやカニカマ、かまぼこなどもスープに旨味が出て美味しくなります。

台湾鍋レシピ
うどん投入

あらかた食べたら、最後に〆のうどんを入れて、沙茶醤タレに絡ませながら食べるとめちゃ美味しいです。

台湾鍋レシピ

もうすでにお腹いっぱい気味だけど美味しくてすすんじゃう…!危険。

台湾鍋レシピ
つみれ入り

薄切り肉じゃなくても、つみれを作って入れても美味しいです。

日本では鍋は冬の食べ物という感じですが、台湾では季節にあまり関係なく食べられている印象。

実際私も真夏の高雄で食べたりしました。

店内はクーラーがガンガンなので、涼しい中で食べる熱々台湾鍋は格別の美味しさです。

このレシピを参考にしました

台湾で食べた沙茶醤味の鍋を思い出しながら、少しアレンジしました。

動画バージョンもあるのでわかりやすいです。

「我が家の台湾料理 Taiwan_cooking」というチャンネルで、関西在住の台湾人が教えてくれます。

いろいろな台湾料理レシピをUPされていて、私もよく参考にさせていただいています。

材料・道具のポイント・入手方法

沙茶醤

沙茶醤

これがなければ始まらない、今回の台湾鍋の味の要となる沙茶醤。

魚介の旨味とニンニクなどのパンチのある香味野菜が入ったソースです。

具材をこれにつけるだけで台湾にトリップできる魔法のソース。

日本にはない味なのでぜひ準備してください。

華僑服務社友誼商店など、中華食材店で売っています。

ごま油(こいくち)

九鬼 純正胡麻油こいくち
九鬼 純正胡麻油こいくち

濃い風味のこいくちごま油がおすすめです。

これで野菜を炒めることでより一層美味しくなると思います。

大きめスーパーなら売っていることが多いので、ぜひ手に入れてください。

ホタテのほんだし

ホタテのほんだし

台湾土産のホタテのほんだしを入れています。

なければふつうのほんだしだけで大丈夫ですし、昆布やだしパックなど使い慣れているもので構いません。

日本のスーパーでは干し貝柱スープが売っているので、こちらもおすすめ。

鎮江香醋

鎮江香醋

ふつうの黒酢でも大丈夫ですが、持っている方はぜひ鎮江香醋を使ってみてください。

うーろん
うーろん

おうちで沙茶醤味の石頭火鍋を食べて台湾にトリップしちゃおう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。