(∩^o^)⊃━☆゜.* 台湾レシピ記事まとめはこちら!

【台湾】大同電鍋&ホームベーカリーでマントウの作り方【レシピ】

電鍋マントウレシピ

家で気軽にマントウ(饅頭)が食べたい。

うーろん

マントウは具なし肉まんみたいな感じ!

日本ではあまり売っていませんが、台湾ではよく売っています。

ということで、大同電鍋とホームベーカリーでできるだけ簡単に作れないか試行錯誤してみました。

マントウの材料

材料A
  • 中力粉…200g(強力粉100g+薄力粉100g)
  • 牛乳…100g(豆乳や水でもOK)
  • サラダ油…15g(グレープシードオイルなど癖のない油でもOK)
材料B
  • ドライイースト…2g
  • 砂糖…15g(黒糖でもOK)
  • 温水(30-40℃くらい)…20g

黒糖を使用する場合20-30gくらい入れた方がより風味を感じられるかも。

マントウの作り方

※HB=ホームベーカリー

※この作り方では黒糖を使用しています。

HBで生地をこねる
電鍋マントウレシピ
主な材料

【材料B】の温水にドライイーストと砂糖を加え、砂糖が溶けるよう混ぜ合わせておく。

【材料A】をパンケースに入れる。

電鍋マントウレシピ
【材料AB】を入れた

パンケースに【材料B】も加え、HBの「こねるコース」で15分。※羽の取り付け忘れに注意!

こねている間にオーブンシートをカットしておく。

電鍋マントウレシピ

ブザーが鳴ったら取り出し、生地が滑らかになっていればOK。

手で生地をこねる
電鍋マントウレシピ
めん棒・打ち粉(強力粉)・水

手で生地をこねる準備をしておく。(手袋と刷毛はなくてもOK)

電鍋マントウレシピ

生地を打ち粉(強力粉:分量外)をしたクッキングマットの上にのせ、20-30回こねる。

折り畳んで押すを繰り返す感じ。

(手でこねる工程を加えると、HBだけよりなめらかでキレイになったので、面倒でもやったほうがいいです。)

電鍋マントウレシピ

折り込んだ部分が底に来るようにし、最後は丸くキレイに整える。

めん棒で長方形に伸ばす
電鍋マントウレシピ

長方形になるようめん棒で伸ばす。

電鍋マントウレシピ

真ん中から上下に伸ばし、90度回転させて同じことを何度か繰り返し、薄く長方形にしていく。

電鍋マントウレシピ
長方形になった!
成形する
電鍋マントウレシピ

刷毛で薄く水を塗る。(水を塗らないと生地同士がくっつかずうまく巻けない。刷毛がなかったら手でもOK)

電鍋マントウレシピ

生地の終わりをチョンチョンと指で薄く伸ばす。(巻き終わりがキレイに巻ける)

電鍋マントウレシピ

くるくる巻いて円筒形の生地を作ったら、コロコロ伸ばして均一の太さにする。

電鍋マントウレシピ
コロコローー
カットする
電鍋マントウレシピ

端っこを切り落として、食べやすい大きさ(指2本分の幅)に切り分ける。

電鍋マントウレシピ
電鍋の保温で発酵させる
電鍋マントウレシピ
カットしたオーブンペーパーを並べマントウを置く

スチームプレートを置いた電鍋の中にマントウを入れ、30-60分くらい保温し、1.5倍に発酵させる。

保温時間は季節や気温によって変わる。

電鍋マントウレシピ

蒸籠を重ねる場合は、途中で上下を入れ替えると保温ムラが少なくなります。

(電鍋内と蒸籠内で発酵具合にどうしても差が出る。しかし発酵しすぎもよくないっぽいし。うむむ。まだ思案中)

電鍋マントウレシピ
保温スイッチオン!

保温中の電鍋の中は30℃くらいだった。

夏は室温発酵でもいいかも。

電鍋で加熱する
電鍋マントウレシピ
発酵後

発酵がうまくいっているか確認。

指で押すと凹むけどゆっくり元に戻る感じならOK。

角が取れて断面のぐるぐるが盛り上がってぷっくりする感じ。

電鍋マントウレシピ
菜箸をはさむ

電鍋と蒸し板の間に菜箸をはさみ、余分な蒸気を逃すようセッティングする。

外釜に1カップの水を入れスイッチオン。(約15分蒸す)

(電鍋付属のカップだとバシャっとなりそうなので、注ぎ口がついているカップでそっと入れるといいです)

電鍋マントウレシピ
隙間をあける
ポイント

蓋にたまった水滴がマントウに落ちると、黄色くカチカチになってしまいます。

蒸籠をのせない場合は、電鍋の蓋を布巾で包み、菜箸を挟んで少し隙間をあける。

金属製の蒸し器で2段蒸しする場合は、2段目の蒸し器を少し傾けて隙間をあける。

蒸し板なしで直接蒸籠をのせるの場合はそのままで大丈夫です。(蒸籠は余分な蒸気が適度に抜けていくため)

完成
電鍋マントウレシピ

スイッチが切れたらすぐに蓋を開けず、そのまま5分放置。(急激な温度差でマントウが縮むのを防ぐ)

電鍋マントウレシピ
黒糖マントウ

ちょっと水滴が垂れちゃったけどいい感じにできました。

このマントウは黒糖20g入れました。

電鍋マントウレシピ

ふっくらツヤツヤ優しい甘さの黒糖マントウです。

電鍋マントウレシピ

そのまま食べても美味しいし、ベーコンや卵をはさんで食べてもいいです。

私はほんのり甘い豆乳に浸しながら食べるのが好き。

失敗しないポイント

この記事を書くにあたって、マントウを何回も作りましたが、めちゃ失敗しまくりました( ˙-˙ ; )

発酵時間と蒸すときの水滴が問題になるっぽい。

電鍋マントウレシピ
発酵前
電鍋マントウレシピ
発酵後

発酵させすぎもダメみたいなので、見極めがけっこう難しかった。

発酵が甘くても膨らみません。

電鍋マントウレシピ
蒸した後

電鍋内のこちら↑はいい感じに蒸せたんだけど…

電鍋マントウレシピ
ぴえん( ´ඉ_ඉ` )

同時に2段目(ステンレス製蒸し器)で蒸したこちら↑は黄色くカチカチになる部分が出てしまった( ⸆˗⸆ )

おそらく蓋の水滴が垂れてこうなったっぽい。

蓋に布巾を巻いて菜箸で隙間もあけたけど失敗しました。

もっと隙間をあけないといけないのかな?

電鍋マントウレシピ

うまくできるとすごくふかふかでいい感じです。

電鍋マントウレシピ
マントウに水滴が落ちた

水滴が落ちるとアバタみたいになります…

このマントウレシピ動画の最後に、失敗の原因例が紹介されているので参考にどうぞ。

失敗しまくっていろいろ検索していたとき、同じ悩みのQ&Aが載っているサイトを発見。

いろいろな意見を参考にしてみてください。

  • 蓋に布巾を巻き菜箸をはさんで余分な蒸気を逃す
  • 蒸しあがったら5分ほどおいて、蓋はそっと開ける
  • 過発酵、発酵不足でもうまく膨らまない
  • ドライイースト菌が死んでいないか?
うーろん

私もまだ完璧ではないのでアドバイスがありましたらお待ちしております!

アレンジレシピ

台湾パイナップルマントウ

台湾ドライパイナップル
ドライパイナップル

台湾パイナップルを干し網で4,5日干しました。

台湾ドライパイナップル
刻んだドライパイナップル
台湾パイナップルマントウ

作り方のSTEP.2でドライパイナップルを入れてこねる。

台湾パイナップルマントウ

プレーンマントウと同じように伸ばして成形して蒸します。

台湾パイナップルマントウ
台湾パイナップルマントウ

パイナップル入りで、おやつにおすすめなパイナップルマントウのできあがりです。

台湾パイナップルマントウ

給食で食べたパインパンをイメージして作ってみました。

レーズンやクルミなど好きなものを入れて楽しんでみてください。

このレシピを参考にしました

材料や作り方はこれらの動画を参考にしました。

ホームベーカリーを使わず手でこねる場合はこねかたも参考にどうぞ。

YouTubeで「饅頭 食譜」とかで検索すると、いろいろな作り方が出てくるので勉強になります。

あると便利な道具

クッキングマット

電鍋マントウレシピ

これまで、まな板にオーブンペーパーをしいてやっていました。

微妙にサイズが小さくてやりづらかったので、ヨシカワのシリコンマットを購入。

使い終わったら洗って干して、くるくる巻いてコンパクトにしまえて便利です。

蒸籠(せいろ)

私がいろいろ失敗してる原因のひとつが蒸し。

金属製の蒸し器ではなく、蒸籠で蒸せばたぶんそこまで失敗しないはず!

蒸籠を持っている人は蒸籠に入れて蒸すのがおすすめです。

大同電鍋Lサイズには27cmがぴったりのります。

ホームベーカリー

マントウが作りたいがために買ったシロカのホームベーカリー。

シロカ ホームベーカリー

自分でこねればホームベーカリーはいりません。

でも15分間こねるのってけっこう大変なんです。

私はナマケモノなので買ってよかった。

気軽にマントウ作ろうって思えます。

ピザも作れるよ!

うーろん

おうちでふかふかマントウを楽しんでね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。