うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!!!

本格的だけど簡単な油飯(ヨウファン)レシピ【台湾レシピ本参考】

油飯レシピ

迪化街の有名店「林合發油飯店」で食べた油飯yóu fànを家でも食べたいと思い、台湾で購入した台湾グルメのレシピ本を参考に作りました。

林合發油飯店台北 迪化街「林合發油飯店」並んででも食べたい絶品台湾おこわ

>>https://oolongsan.com/linhefa-sticky-rice/

うーろん

本格的だけど簡単に作れます!

油飯の材料

材料
  • 白米…2合
  • もち米…1合
  • 豚バラ肉…100g
  • 干し椎茸…5~6個
  • 干しエビ(蝦米)…30g
調味料A
  • ごま油…大さじ1
  • 油蔥酥(揚げエシャロット)…30g
調味料B
  • 五香粉…少々
  • 白胡椒…少々
  • 砂糖…大さじ2
  • 醤油…大さじ2
  • 水…大さじ1
  • 酒…大さじ2

油飯のざっくりとした作り方

  1. 米を浸水
  2. 具材を炒める
  3. 具材と米を一緒に炊き込む
旦那

意外と簡単そうでしょ?

油飯の詳しい工程

干し椎茸を水で戻す
干し椎茸

干し椎茸を水で戻しておく。(冷水で5時間前後)

戻し汁はあとで使うので取っておく。

米を浸水
油飯レシピ

もち米と白米を洗って30分間水に浸しておく。

豚バラ肉・干し椎茸の下準備
油飯材料

豚バラ肉を1cm幅程度に切り、水で戻した干し椎茸を水切りして細切りにする。

具材を炒める
油飯レシピ

ごま油をフライパンで熱し、干しエビと干し椎茸を加え弱火で炒める。

油飯レシピ

豚バラ肉を加え肉が白くなるまで炒めた後、

油飯レシピ

調味料Bを注ぎ、よく混ぜます。

油飯レシピ

その後、油蔥酥(揚げエシャロット)を加えて弱火で炒める。

炊飯器に椎茸の戻し汁+水を入れる
油飯レシピ

米を浸水しておいた水は一旦捨てて、椎茸の戻し汁+水を炊飯器の目盛りに合わせて入れる。

※写真は土鍋ですがどちらも同じように炊きます。

フライパンの具材を炊飯器に入れて炊き込む
油飯レシピ

先ほどフライパンで作った具材を炊飯器の米の上に入れる。

軽くかき混ぜていつものように炊飯する。

米が炊けたら完成!
油飯レシピ

米が炊けたら、さっくりと全体を混ぜ合わせれば完成です。

土鍋で炊く場合は強火で約10分(沸騰するまで)、弱火で10分、火を止めて10分蒸らす。

炊き込む?炒める?

実は油飯の作り方を調べていると、大きく2通りのレシピがありました。

  • 今回紹介した、いわゆる炊き込みご飯形式のレシピ
  • 先に米を炊き、具材を作り、最後に両方を炒め合わせるレシピ

どちらかというと本場っぽいのは後者のようですが、両方作ってみて炊き込みご飯レシピの方が作りやすかったので、そちらを紹介しました。

好みの方法でいいかと思います。

炊き込んだ油飯

油飯レシピ

こちらは土鍋で炊き込んだ油飯です。

油飯レシピ

炊き込みご飯に馴染みがある日本人的には、こちらのほうが作りやすいかなと思いました。

炒めた油飯

油飯レシピ

こちらは先に米を炊いて、あとで米と具材を炒め合わせた油飯です。

茶葉蛋chá yè dàn(台湾風ゆで卵)も一緒に作ってみました。

油飯レシピ

正直見た目はそんなに違いはありません。

ですが食べると炊き込みご飯のほうが味が染み込んでいて、油っぽさも軽減されるような感じがします。

油飯レシピ

でも台湾で食べた本場っぽさでいうと炒めた油飯かなと感じました。

うーろん

個人的には炊き込みご飯形式のほうが作りやすく、米に味が染み込む感じがして好きでした。

参考にしたもの

すべてもち米でも作れると思いますが、台湾のもち米(長糯米)と日本のもち米は少し異なるようで、白米ともち米を合わせたレシピがあったので参考にしました。

もち米については台北ナビの記事に詳しく解説が載っています。

油飯の材料と作り方は、台湾で購入した「大廚 教你做 台灣小吃」というレシピ本に載っている、油飯のレシピを参考にしました。

大廚 教你做 台灣小吃
「大廚 教你做 台灣小吃」というレシピ本

ちなみにこの本でも、台北ナビの記事でも炒める油飯のレシピです。

やっぱり本場の作り方は炒めるレシピなのでしょうか。

材料のポイントと入手方法

干しエビ(蝦米)

干しエビ(蝦米)
雙連朝市で買った台湾産干しエビ

油飯の旨みの素と言っても過言ではない台湾産の干しエビ。

干しエビは日本産のものもありますが、中華食材用の干しエビを使うことをおすすめします。

中華食材用の干しエビは、私が台湾で買ってきた干しエビと見た目が似ています。

油葱酥(揚げエシャロット)

油葱酥(揚げエシャロット)
台湾のスーパーで買った油葱酥

油葱酥yóu cōng sūは台湾料理を作るときによく登場する必需品です。

日本のスーパーではほとんど見かけませんが、中華食材専門店では売っていることが多いです。

新大久保の華僑服務社では売っていました。

通販でも買えるのでぜひ手に入れてください。

五香粉

五香粉
台湾のスーパーで買った五香粉

八角などのいかにも台湾な香りがするスパイスが五香粉wǔ xiāng fěnです。

台湾の油飯には欠かせない味付け!

五香粉は日本のスーパーの中華食材コーナーにだいたい置いてあり、入手しやすいです。

電鍋を持っている方はコレで炊き込むのもいいかもです。

うーろん

材料さえ揃えば作り方は意外と簡単で美味しい油飯を、ぜひお家でも作ってみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。