うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!

富錦樹台菜香檳(フージンツリー)でハイクオリティ台湾料理を食べてきた

富錦樹台菜香檳

台湾のオシャレエリア富錦街にある富錦樹台菜香檳fù jǐn shù tái cài xiāng bīn」(フージンツリー)

台湾料理をオシャレ空間でハイクオリティな味でいただけるお店です。

そんなお店が日本のコレド室町テラス内にオープンしたので行ってきました。

本記事では「富錦樹台菜香檳」で食べたものやお店の様子を紹介します。

富錦樹で食べたもの

富錦樹セット

「富錦樹」は台湾料理(中華料理)でよくある、大人数で食べるのが基本というスタイルで、ひと皿が大きめなので、少人数の場合はこの富錦樹セットがいいかも。

詳しいメニューは公式サイトのメニューページ(PDF)に掲載されています。

富錦樹セット

富錦樹台菜香檳
富錦樹セット 1,800円

「富錦樹」は台湾でもちょっと高級路線のお店なので安くはないけど、ひとつひとつがとても繊細な味付けで、丁寧に作られているなというのが伝わってくる。

富錦樹台菜香檳
鶏肉とバジルの三杯ソース炒め(三杯鶏)

違う店で三杯鶏を食べたことがありますが、味付けや盛り付けも全然別物でした。

素材の味を活かしつつも箸が止まらない癖になる味付け。

使われている食器も模様がかわいくて台湾料理が映えます。

富錦樹台菜香檳
台湾揚げ出し豆腐(老皮椒肉)

旦那と2人で感激したのが、このフワフワとろとろの卵豆腐を揚げ出し豆腐にしたもの。

こんなの初めて食べる〜!

ふつうの豆腐の揚げ出し豆腐は食べたことがあるけど、卵豆腐を揚げ出しにするとこんなに美味しいものに変身するんだ!とびっくり。

もちろんそこにはプロの技があってのことだとは思うのですが。

ソースは台湾らしくピリッとパンチが利いていて本当に美味しい。

富錦樹台菜香檳
薬膳スープ

クコの実たっぷりのポカポカ温まる薬膳スープ。

この日は冬にしては天気もよく、比較的あたたかい日ではありましたが、外(テラス席)にいるとポカポカするスープが余計美味しかった。

ちなみにテラス席はブランケットの提供があり、さらにストーブもあるので、寒くて辛いということはないかと思われる。

富錦樹台菜香檳
台湾冷菜3種盛り

手前から、なんかとてもお上品な香りのスパイス入りキュウリの漬物、トマトとナツメの甘みのある冷菜、干し豆腐(豆腐干絲)のサラダ。

こういうちょっとした冷菜にもこだわりが感じられる。

富錦樹台菜香檳
赤米白飯

赤米入りのご飯。

ただの白米じゃないところがニクい。

富錦樹豆花

富錦樹台菜香檳
富錦樹豆花 880円

豆花自体には甘みがついていないので上の氷と一緒に食べて下さい、と店員さん。

甘さ控えめで、豆類のホクホクと芋圓(芋団子)のモチモチ、キクラゲのシャクシャク感。

トッピングのいろいろな歯ごたえが楽しい。

富錦樹台菜香檳

豆花はとてもやわらかくてふるふる。

松花蒼蠅頭

富錦樹台菜香檳
花ニラとピータン 豚挽肉のピリ辛炒め(※公式サイトより)

「富錦樹」の看板メニューとも言えるこの料理。

花ニラ・ピータン・豚肉を特製の甘辛いソースに絡めた癖になる一品だそうで、「富錦樹」が日本に進出する前から、雑誌やテレビなどで見た記憶があります。

次回食べたいものとして紹介しました。

他にもナツメとハイビスカスソースの角煮とか、台湾産青マンゴー氷とか食べたいものたくさんでした。

次回は大人数で行きたい。

ちなみに富錦樹セットは定期的に内容が変わるみたいで、何度も足を運ぶ楽しみがあります。

丁寧にひとつひとつ料理の説明を入れてくれ、お水のおかわりも気にしてくれ、とてもサービスの行き届いたお店です。

富錦樹のお店の様子・外観

富錦樹台菜香檳
レジカウンターまわり

クレジットカードも使えるので支払いは安心です。

富錦樹台菜香檳

カウンターでは「富錦樹」オリジナルのビールグラスも売っていました。

富錦樹台菜香檳
並ぶお客さん

今回は開店時間を15分くらい過ぎた頃に行きましたが、テラス席ならすぐ案内できるとのことで、そうしてもらいました。

お店を出る頃にはちょっとした列になっていた。

コレド室町テラス
コレド室町テラスの外観

この辺はコレド日本橋とかコレド室町1とか似た名前の建物がたくさんなので、間違えないようお気をつけください。

「富錦樹」が入っているのはコレド室町テラスです。

うーろん

日本で味わえる本格的な台湾料理!ぜひ体験してね。

富錦樹(コレド室町テラス)のアクセス

富錦樹台菜香檳
東京で食べられる台湾グルメまとめ台湾リピーターがおすすめする東京で食べられる台湾グルメまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。