台湾各空港で深夜受取り可能!KKday中華電信プリペイドSIMを予約

「新協興五金行」台湾ローカル食堂の花柄食器が買えるお店

台湾の花柄食器

台湾に通いだすと台湾のローカルな食堂などでよく使われている、花柄の食器を日本でも使いたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もその1人で、最初の頃はどこに売っているのかなかなか情報がなくて探すのに苦労しました。

本記事では実際に私が花柄食器を手に入れたお店をはじめ、台湾人が身近に使っているものがたくさん売っている金物屋さん的なお店を紹介します。

花柄食器は五金行(金物屋さん)にあった

最初の頃は大きめのスーパーなどで探したりしていたのですが、意外と花柄の食器は売っていないんです。

台湾全土にある小北百貨という食品から日用雑貨まで幅広く売っているスーパーがあるのですが、そこにもこの花柄の食器は無かったのです。

新協興五金行

途方に暮れている時に迪化街(ディーホアジェ)で見つけたこの雑多な感じの、いかにもなお店「新協興五金行」に勇気を出して入ってみました。

MEMO

五金行とは

金物屋さんとかホームセンター的な意味です

新協興五金行の店内の様子

新協興五金行

お店の中はこのような感じで台湾人が日頃使うような日用雑貨が所狭しと並んでいます。

新協興五金行

頭上にも色々なものが吊り下げられています。

なんだか宝探しみたいでテンションが上がります!

新協興五金行

うーろん

あったーーーーーーーーーーー!!!

棚の中ほどに器が重ねて置かれているのがわかりますでしょうか。

花柄の器は10皿くらいセットになったものと1皿ずつバラ売りになったものとがありました。

私はとりあえず割れものなので器は2皿だけ購入しました。

新協興五金行のカタログ?

新協興五金行

お店に入るとカタログ代わりに、このお店が昔日本の雑誌に載ったと思われる年季の入った切り抜き記事を見せてくれました。

ここに欲しいものがあれば指差しすると持ってきてくださると思います。

新協興五金行

少し見やすくトリミングしてみました。

日本人が好きそうなものが紹介されています。

新協興五金行

割れものの器を購入すると、このように新聞で丁寧に包んでくださいます。

日本に帰るまで割れないように気をつけて持ち帰らないといけません。

MEMO
いつも割れものは機内持ち込みのスーツケースに、洋服などクッションになるものを挟んで入れています。間違っても受託手荷物にしないように気をつけないといけませんね。

新協興五金行の外観

迪化街 新協興五金行

今回紹介したこのお店に限らず、街中を歩いているとこのような感じの日用雑貨がわーっと所狭しと並んだお店を見かけることがあります。

最初は少し入りづらいですが勇気を出して入ってみましょう!

きっと素敵なものが見つかるはずです。

新協興五金行

店頭には台湾といえば!のあのカラフルボーダーバッグも売っています。

新協興五金行で購入したもの

花柄の食器

新協興五金行

うーん!かわいい!

これで日本でも台湾気分が味わえます。

豆花や魯肉飯などを盛り付けるとテンションが上がりそうですね。

新協興五金行

花の模様部分は凸凹の加工がされています。

金魚のマークのレンゲ

新協興五金行

シンプルでかわいい金魚マークの付いたレンゲも一緒に購入しました。

サイズが2種類くらいありました。

これで台湾のローカル食堂感を家でも満喫できます。

あやしい日本語のカラフルオレンジ箸

新協興五金行

こちらも台湾の食堂でよくお目にかかるカラフルなオレンジ色の箸です。

新協興五金行

中華料理の合間の箸休めの小なひそ皿に。

ひそ皿ってなんやねん!

旦那

新協興五金行

うーろん

メラミソ!

「ひそ皿」でクスッときて耐えていたのに「メラミソ」で腹筋崩壊しました。

花柄の器2皿、レンゲ2個、メラミソ箸で合計265元でした。

「おいしいのお皿」は小北百貨にあります

おいしいのお皿

このお皿はいちばんですが、このシリーズのお皿でおいしいと書いてあるお皿も台湾の食堂で結構見かけます。

ちなみにこの写真のお皿が出てきたお店は、ガチョウ肉で有名な阿城鵝肉です!

阿城鵝肉に行ったときの記事はこちら
阿城鵝肉台湾に行ったら「阿城鵝肉」のジューシーなガチョウ肉を食べるべき!

阿城鵝肉

このおいしいのお皿、いちばんのお皿は小北百貨でよく売っています。

うーろん

しかもメラミソ、、、あ、間違えた、メラミン素材なので持ち帰りも軽くて割れないので安心です。

なんとAmazonにおいしいの醤油皿がありました!

まとめ

台湾大好きな方は日本でも台湾を感じられるこんなお土産を買って帰るのはいかがでしょうか。

私はよく魯肉飯や鹹豆漿を家で作ってこの花柄の器に盛って、あの金魚のマークのレンゲで食べて、日々台湾に思いを馳せています。

頑張って作ってみた鶏肉飯です。

結構手間暇かかったわりに、やはり台湾で食べる鶏肉飯には到底及ばなかったです。

鹹豆漿はよく朝ごはんに作っています。

中国産ですが業務スーパーで売っている油條(揚げパン)を入れると一気に本格的になる気がします。

このような感じで日本で台湾の雰囲気を味わえる楽しみもありますが、現地で宝探しをする醍醐味もあります。

クスッとくるおもしろ日本語のパッケージの商品を探すのも楽しいですよ!

アクセス

花柄食器を手に入れたら家で台湾料理を作って楽しもう!

魯肉飯レシピ台湾人気グルメ「魯肉飯(ルーローハン)レシピ」簡単だけど本格的な味を追求しました 芋圓のレシピ台湾もちもちデザート芋圓(お芋の団子)の作り方

おすすめ台湾グルメ

夏樹甜品台北「夏樹甜品」ふわふわ・なめらか・つるんな杏仁豆腐かき氷が絶品すぎる Soft Drink Bar TTI(昇興食品坊)台北駅地下街「Soft Drink Bar TTI」台湾ツウも認めるフレッシュジュース

おすすめ台湾土産

客家花布トートバッグ迪化街「客家花布トートバッグ」台湾土産や街歩きバッグにおすすめ! CLASSICO台北「CLASSICO」おしゃれメガネブランドで贅沢な台湾土産はいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。