うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!!!

高雄「沐川咖哩」カレーが恋しくなったら台湾風カレーがおすすめ!

沐川咖哩

日本でも週1くらいでカレーが恋しくなる私ですが、台湾でもそれは変わりなく「せっかく台湾にいるけどカレーが食べたいな」と思う時があります。

ヤマサキタツヤさんの大台南見聞録で「台湾には懐かしい味のカレーがある」と紹介されていて、カレーが恋しくなったら食べてみようと思っていました。

高雄六合夜市付近を歩いている時にカレーのいい香りがしてきて、それからはもう「カレーを食べたい!」という思いが脳内を支配していました。

本記事では高雄の台湾らしいカレー屋さん「沐川咖哩」で食べたものやお店の様子を紹介します。

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/01/143251ae44e7e6b876a9f98f7a32ae41.png
うーろん

せっかくの台湾旅行なのにカレーを食べるなんてと思いますが、カレーと台湾らしいものも一緒に食べられるお店です!

沐川咖哩で食べたもの

沐川咖哩
雞排咖哩 80元

雞排(台湾風フライドチキン)は台湾の夜市でも人気の必食グルメです。

台湾風のスパイスが効かせてあるサクサクの病み付きフライドチキンです!

それがカレーの上にドーンとのっている台湾風カレーとも言うべきメニューです。

カレーと雞排が一度に味わえます。

沐川咖哩

カレーの味は80元というリーズナブル価格からも想像がつくと思いますが、日本で流行っているようなスパイスから手間ひまかけたような本格的エスニックカレーなどと比べると、そこまで高レベルの味ではありません。

ジャンクな味としては全然おいしいカレーです!

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/01/90f80471d9f2632a5d72253a10468423-1.png
旦那

学食やサービスエリアで出てくるカレー的な!?

そして雞排はサクサクで台湾味!

カレーと揚げ物の組み合わせって最高ですよね。

沐川咖哩
豬排咖哩 80元

豬肉の文字は日本人的にはイノシシかと思ってしまいますが、豚肉のことです。

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/02/185da5c00c1f1706f6712eed56d00054.png
うーろん

つまりカツカレーです。

沐川咖哩

こちらもおいしいですがより台湾風なカレーを味わいたいと思ったら、個人的には雞排カレーの方をおすすめしたいです。

沐川咖哩
セルフサービスのコーナー

左がお茶で右が味噌汁です。

カレーが到着するまで準備して待っていましょう。

沐川咖哩
お茶

台湾ではたまにセルフサービスのお茶が甘く、飲んでびっくりということがあるのですが、こちらのお店では無糖のお茶で日本人もひと安心です(笑)

沐川咖哩

全部で合計160元でした。

こんな豪華なご飯が600円しないなんて!

沐川咖哩のメニュー

沐川咖哩
記入式のメニュー

店内に入るとテーブルに記入式のメニューがあるので、席について記入して店頭の店員さんに渡してお会計をします。

大きく分けてカレー、どんぶり、オムライスがあります。

MEMO

咖哩 = カレー

蓋飯 = どんぶり

蛋包飯 = オムライス

肉の種類に「排」がついてるものは揚げ物です。

Googleマップに投稿されたカレーの写真を見ると、雞丁咖哩や豬肉咖哩は焼いただけの肉がのっている感じでした。

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/02/8b93c9e1b91723a577dbf7e725384b59.png
うーろん

揚げ物が苦手でなければ「排」付きのメニューをおすすめします!

沐川咖哩の外観

沐川咖哩
外観

地元のお客さんがたくさん来ていました。

親子でカレーを食べていたり。

観光客はほとんど来ないようなお店ですが、メニューが記入式だったのもあり特に問題はなかったです。

沐川咖哩

バイクで外帯(テイクアウト)して行く人も。

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/01/90f80471d9f2632a5d72253a10468423.png
うーろん

台湾でカレーが恋しくなったら台湾風のカレーを味わってみてはいかがですか?

沐川咖哩のアクセス

沐川咖哩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。