(∩^o^)⊃━☆゜.* 台湾レシピ記事まとめはこちら!

【2号店オープン】台北「阿城鵝肉」ガチョウ肉がジューシー&美味しすぎてヤバい!

阿城鵝肉

鶏肉や鴨肉は日本でもよく食べることができますが、ガチョウ肉(鵝肉)ってかなりめずらしいですよね。

うーろん

そんなガチョウ肉を気軽に堪能できるお店阿城鵝肉ē chéng é ròuが台湾にはある!

本記事では阿城鵝肉ē chéng é ròuで食べたものやお店の様子を紹介します。

>>2号店オープン情報はこちら

阿城鵝肉で食べたもの

阿城鵝肉
地瓜葉(サツマイモの葉炒め)

「地瓜」はサツマイモという意味。

日本ではサツマイモの葉はあまり食べませんが、台湾ではよく食べられているようです。

ニンニクと唐辛子のパンチが効いた地味におすすめな炒め物。

阿城鵝肉
鵝油拌飯(ガチョウの油がかかったご飯)

ふつうの白米もあるのですが、せっかく「阿城鵝肉」に来たなら鵝油拌飯(ガチョウの油がかかったご飯)がおすすめ!

ご飯だけで美味しい素晴らしすぎる食べ物です。

このガチョウ油はレジで販売しているので、気に入ったらお土産にもいいですね。

阿城鵝肉

手前の小皿に入れたのはガチョウ肉に付けていただくタレ。

親切な店員さんが「タレコーナーがここにあるよ」と教えてくれました。

そこで好きなタレを選んで自分で調達してきます。

私はシンプルな醤油ベースっぽいタレにしましたが、辛い調味料などもありましたよ。

阿城鵝肉
ガチョウ肉 燻製 前半段

キターーー!これが噂のガチョウ肉です!

うーろん

胸肉なのが信じられないくらいの肉汁が出てきてジューシー!

ガチョウ肉のジューシーさが半端ないのか、「阿城鵝肉」の調理法が半端ないのか、わかりませんがとにかくそのジューシーさに衝撃です。

燻製のうまみもありタレを付けなくても十分美味しいです。

付け合わせの針生姜のアクセントもいいですね。

阿城鵝肉
蛤蜊湯(はまぐりのスープ)

写真じゃ伝わらないこの器の大きさ。

はまぐりがゴロゴロ入った贅沢なスープです。

スープは何種類かあるのでぜひ気になるものを頼んでみてください。

阿城鵝肉
黄金筍(たけのこの煮物)

写真じゃ伝わらないこの器の大きさ Part2

とにかく一皿が大きいんです、台湾。

嬉しいけどたまに調子に乗って頼みすぎて後悔することも…

台湾のたけのこは柔らかくてとても食べやすいです。

阿城鵝肉
杏鮑菇香腸(エリンギ入り台湾ソーセージ)

台湾の甘めのソーセージは夜市でもよく見かける必食グルメです!

こちらのソーセージはエリンギ入りで、食感がアクセントになります。

旦那

辛いニンニクと一緒に食べるのがビールに最高に合う!

阿城鵝肉
台湾ビール・蘋果西打

台湾ビールと蘋果西打(アップルサイダー)を店内の冷蔵庫から取ってきました。

ドリンクはメニューに載っていなかったので、店内を見回して冷蔵庫から取ってくるスタイルなのだと判断。

MEMO

台湾の飲食店では、自分で冷蔵庫からドリンクを取ってくるスタイルのお店があります。

メニューにドリンクが載っていなかったら、周りの様子を観察しつつ冷蔵庫に取りに行きましょう!

お会計時に店員さんが飲んだものを確認してくれます。

阿城鵝肉

これが全部で720元です!

うーろん

安すぎてびっくり!!!

「阿城鵝肉」では看板メニューのガチョウ肉はもちろん、地瓜葉(サツマイモの葉炒め)や香腸(台湾ソーセージ)など、台湾らしい料理もいっぺんに楽しめる。

限られた旅行期間中に、効率よく台湾グルメを堪能することができます。

今回私たちは2人だったのでこの量で限界でしたが、もっと大人数で行けばよりたくさんのメニューを楽しむことができます。

阿城鵝肉のメニュー・注文方法

日本人だけでなく台湾人からも大人気な「阿城鵝肉」です。

晩御飯どきにお店に着いたら、店頭に10名くらいのお客さんが待っていました。(待ち時間は15〜30分程度でした)

「わー、やばい」と思いつつも、どう並んでいるのかよくわからず若干オロオロ…

阿城鵝肉メニュー
記入式のメニュー

よく見るとみなさんこの記入式のメニューを持っていました。

そこで店内に入ってまずこのメニューをもらってきます。

店内のレジで內用nèi yòng(イートイン)外帶wài dài(テイクアウト)かを告げるとこのメニューとペンを渡されるので、外で待ちながら注文するものを選びました。

阿城鵝肉メニュー
記入式のメニュー(※クリックで拡大)

2人で行ったのではじめはこの記入のとおり、ガチョウ肉の部分は「200元(1〜2人)」と書いてある欄にチェックを入れていた。

待っている途中で食いしん坊な欲が出て、「300元(2〜4人)」の方に変更しました。

「前半段」と「後半段」の意味がわからず、なんとなく後半段のほうにチェックを入れていたら、日本語のできる店員さんが確認してくれて「後半段は脚だよ?」と教えてくださいました。

どちらかというと、前半段のほうがおすすめっぽい感じだったので前半段に変更。

味付けは「燻製」を選択しました。

うーろん

メニューを日本語翻訳してみたので参考にしてみてね。

鵝肉類
  • まず味付けを選択 ➡︎ 燻製…燻製 or 白斬…塩茹で
  • 半隻…半分
  • 前半段…胸肉
  • 後半段…もも肉
  • 翅膀…翼
  • 鵝頭…頭
  • 鵝脚…脚
飯類
  • 白飯…白ごはん
  • 鵝油拌飯…ガチョウの油がかかったご飯
麺類
  • 油麺…ラーメンの麺みたいな?
  • 米粉…ビーフン
  • 板條…きしめんみたいな麺(原料は米)
  • 冬粉…春雨
  • 意麺…玉子麺
  • 辣拌乾意麵…スパイシーな汁なし意麺
  • XO醤麺線…XO醤入りの麺線(そうめんみたいな麺)
  • 米血糕…もち米を豚の血で固めたお餅みたいなもの
川燙類
  • 韭菜下水…ニラとモツ炒め
  • 拌酱下水…ソース味のモツ炒め?
  • 韭菜鵝腸…ニラとガチョウの腸炒め
  • 拌酱鵝腸…ソース味ガチョウの腸炒め?
  • 酸菜鵝腸…白菜の漬物とガチョウの腸炒め
  • 地瓜葉…サツマイモの葉炒め
  • 時令蔬菜…季節の野菜
  • 燙杏鮑菇…エリンギ炒め
  • 鹽蒸蝦…蒸しエビ
美味滷菜類
  • 麻辣血…辛いガチョウの血を固めた豆腐みたいなもの
  • 黄金筍…たけのこの煮物
  • 魯白菜…白菜の煮物
  • 香辣臭豆腐…辛い臭豆腐
  • 酸菜…白菜の漬物
  • 鹹蜆…しじみの醤油漬け
  • 無刺虱目魚…骨なしサバヒー
  • 杏鮑菇香腸…エリンギ入り台湾ソーセージ
  • 海鮮巻沙茶…沙茶醤味のシーフード炒め?
魯味
  • 魯鵝珍…煮込みガチョウ
  • 魯鵝肝…煮込みガチョウの肝臓
  • 魯鵝心…煮込みガチョウの心臓
  • 蝶花…???
湯類
  • 下水湯…モツスープ
  • 鵝腸湯…ガチョウの腸のスープ
  • 虱目魚皮湯…サバヒーの皮のスープ
  • 蛤蜊湯…はまぐりスープ

阿城鵝肉のお店の様子

阿城鵝肉
店内の様子

すごい人気でお客さんでいっぱいでした。

阿城鵝肉

手前に貼ってある黄色の注意書き「小心地滑」は「滑るので気をつけて!」という意味です。

ガチョウの脂で床は滑りやすくなっているので気をつけてください。

店頭の調理場では、店員さんが一生懸命ガチョウ肉をカットしています。

阿城鵝肉

ガラス際にはガチョウが転がっています。

阿城鵝肉の外観

阿城鵝肉
目印のガチョウの看板

お店の前まで来るとガチョウの看板が見えてくるのでわかりやすいです。

阿城鵝肉
外観

店頭に待つための椅子もあります。

うーろん

台湾に行ったらめずらしいガチョウ肉と台湾らしい料理を味わってみてね!

阿城鵝肉のアクセス

1号店

今回私たちが行ったのは1号店です。

2号店

1号店の斜め向かいに2号店ができました

1号店が満席だったら2号店もチェックしてみてくださいね。

阿城鵝肉
Googleマップより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。