(∩^o^)⊃━☆゜.* 台湾レシピ記事まとめはこちら!

【作例あり】X100Fはフィルムのような写真が撮れる最高のカメラだった【もう浮気しない】

FUJIFILM X100F

これまでコンパクトで写りも良いSONYのRX100M3を愛用していた。

「もう少し本格的に撮影することを楽しみたい」と思い新しいカメラを探し始めた。

だけど一眼レフやミラーレスほど大きくて重いのは嫌だったので、コンパクトであるという条件は譲れない。

そこで私が選んだのが「FUJIFILM X100F」です。

ここがポイント!
  • フィルムっぽい写真が撮りたい
  • 写真を本格的にやりたい
  • なるべくコンパクト
  • オシャレでかっこいいカメラ

本記事では「FUJIFILM X100F」を買ってどれだけ良かったかということを作例とともに紹介します。

スペックなどの細かい部分は他の方のブログで見てね。直感的な良さを伝えます。

>>先に作例が見たい方はこちらからどうぞ

FUJIFILM X100Fのいいところ

フィルムシミュレーションがおもしろい

X100Fを選んだいちばんの理由と言っても過言ではない、フィルムシミュレーション。

簡単に説明するとフィルムカメラのように撮影する時点で、撮影したい物や風景に合わせたフィルムを選んで撮ることができるのです。

うーろん
うーろん

フィルムって撮りたいものにあわせて買うんです!

例えばキッチュな雑貨をビビットに撮りたいときは、ビビットな色が得意なVelviaというフィルムシミュレーションを使用する。

これはピンクのネットをかぶったマンゴーの写真ですが本来はもっと落ち着いた色合いです。

物撮り
Velvia

かわいくキッチュに撮りたいときはVelviaがとてもいい雰囲気ですね。

逆に、コントラストの強いかっこいい風景は落ち着いたカラーで撮影したい、それならクラシッククロームを。

クラシッククローム

という感じです。

今のデジタルの時代では、RAWで撮影してあとからLightroomで自分好みに現像するというのが当たり前かもしれません。

それをフィルム時代のようにできるのが、X100Fのおもしろさです。

あとでLightroomで現像すればいいというのはその通りなのですが、X100Fで撮影していて思ったのが、

「そのときその場所で感じた、直感で選んだフィルムシミュレーションは、その風景にぴったりなんじゃないだろうか」

ということです。

毎日その日撮ったものをこまめに現像する人はいいのですが、まとめて後日という場合などは、あのとき感じた思いを忘れてしまうこともある。

なんだかこのアナログ感がとてもいいなと思ったのです。

そして長年フィルムを作ってきた富士フイルム。

デジタルでもフィルムのような色味を出すのがとてもうまい。

もうLightroomで現像しなくてもいいんじゃないかなと思えるほど。

うーろん
うーろん

現像するのがダルい私みたいなめんどくさがり屋さんにおすすめ!(笑)

フィルムカメラをさわっている感覚

FUJIFILM X100F

以前フィルムカメラで撮影していたこともあって、露出補正ダイヤルやISO感度ダイヤルを見るとワクワクしてしまう。

もちろんここを使わずファンクションボタンに割り当てることもできます。

RX100M3ではPオートでちゃちゃっと撮影することが多かったけど、ダイヤル式になっているとついクルクルしちゃうんですよね。

ちょっとアンダーにしてみようかな、とか。

フィルムカメラを使用したことがなくても、写真を勉強するには感覚で覚えられていいんじゃないかなと思う。

F2とAPS-Cでボケる

スマートフォンのカメラでもなく安いコンデジでもなくこのカメラを選ぶ理由は、一眼レフ並みのボケが出せるからなんです。

X100FはF2の明るいレンズを搭載。

F2というのはレンズの明るさでF値が小さいほど明るいレンズでボケやすい。

FUJIFILM X100F
開放F値:2

そして、センサーサイズが大きいほど多くの光を取り込めるので、画質が良くなってボケやすいのです。

FUJIFILM X100F

センサーサイズとボケの関係性については検索するといろいろな記事が出てくるので調べてみてください。

X100FのセンサーサイズはAPS-C。

センサーサイズ
センサーサイズ

今まで使用していたRX100M3も1型と大きめではありましたが、APS-Cと比べるとやっぱり小さいと感じる。

いちばん小さい1/2.3型がスマートフォンのセンサーです。

この明るいレンズとAPS-Cの組み合わせで、いい感じにボケて雰囲気のある写真を作り出すことができる。

X100Fのレンズは開放の描写が甘くボヤッとしてるのが気になるという意見もよく聞きますが、オールドレンズっぽくて私は好きです。

きっちりくっきり写したいときは絞ってやればOK。

作風に合わせて使い分ければいいと思う!

とにかく見た目がかっこいい

FUJIFILM X100F

これに尽きる。

X100Fはブラックとシルバーの2色展開で私はブラックにしました。

フィルムカメラのようなクラシックでかっこいい見た目。

カメラってやっぱり所有欲を満たしてくれるものが嬉しいです。

FUJIFILM X100F
レンズフードを付けた様子

この写真ではレンズフードを付けているのでレンズ部分が出っ張っていますが、デフォルトではもっとコンパクトです。これの半分くらい。

コンパクトデジカメにしては大きさも重さもそれなりにあるけど私は特に気にならなかった。

FUJIFILM X100F
左:X100F 右:iPhone SE(第1世代)

重さはひそかにいちばん危惧していた部分でしたが、ちょっとしたお出かけにも気軽に持っていける。

重さは470gと500mlのペットボトルより少し軽い程度。

FUJIFILM X100F

カメラストラップで首からかけていることもありそんなに重さは感じません。

あと嬉しい誤算だったのが、よりコンパクトなRX100M3よりもカメラを構えるという点ではホールド感が良く撮影しやすいことです。

撮影してる感がめっちゃある。

フォーカスレバーが便利すぎる

FUJIFILM X100F

ゲームのジョイスティックみたいなフォーカスレバーが便利すぎて、全カメラに搭載したほうがいいんじゃないかってレベルです。

ファインダーで覗きながらも、指の感覚でグリグリしてフォーカスエリア(ピントを合わせたい部分)を移動できて、ほんと便利。

手前にピント合わせ奥にピント合わせが簡単にできます。

マイクロUSBで充電できる

FUJIFILM X100F
モバイルバッテリーから充電している様子

バッテリーを取り出すことなくケーブルに繋いで充電できるので便利です。

モバイルバッテリーからの充電もできるので外出先で急に充電がなくなっても大丈夫。

私がいつもiPhoneとX100Fを充電しているのはRAVPowerの充電器です。

Wi-Fi転送でSNSにシェアできる

このSNS時代にWi-Fi転送できないデジカメは私の中ではアウトなのです。

特に旅行先で撮った美味しそうな食べ物やキレイな景色はすぐにシェアしたい。

スマートフォンにアプリを入れておけばいつでもどこでもシェア可能です。

FUJIFILM Camera Remote

FUJIFILM Camera Remote

FUJIFILM Corporation無料posted withアプリーチ

番外編:キムタクとお揃いです!

木村拓哉さんがInstagramで「相棒」とカメラを紹介されていた!

木村さんのは最新のX100Vですが同じ種類のカメラでちょっと嬉しいです。

木村さんとおそろいならX100V

FUJIFILM X100Fのダメなところ

まあ値段ですよね…

私はX100Fの後継機であるX100Vが発売されてから買いましたが、それでも10万円を超えていました。

ちょっと予算的に厳しかったので少しでも安く買うため、フジヤカメラで古いカメラを下取に出して買いました。(あ、RX100M3は売り払ってませんよ)

>>https://oolongsan.com/fujiya-camera/

私にとっては大出費でしたがそれでも本当に買って良かったと思うカメラで大満足です。

撮影するということが楽しい。

フィルムカメラのときに感じていたワクワク感を思い出させてくれたカメラです。

ここからは人によってはデメリットになるかもしれない点を紹介します。

  • 単焦点レンズ
  • レンズ交換できない
  • タッチパネルじゃない
  • チルト・バリアングルじゃない
MEMO

単焦点レンズ…つまりズームできません。

今まで使っていたRX100M3はズームできたので、遠くの看板とかを間近に撮影したいときなどはとても便利でした。

でも、なきゃないでなんとかなる。というのが私の感想。

どうしても近づきたければ、足で稼げばいいですしね。

レンズ交換できない…一眼レフのような見た目のX100Fだけど、レンズ交換はできません。

コンパクトカメラなので当たり前ですが、そのおかげで軽く持ち運びしやすい。

あとレンズ沼にハマらなくて済みます(笑)

タッチパネルじゃない…スマートフォンのカメラ操作に慣れていると、つい液晶をタッチしてしまうんですよね。

タッチでフォーカスを合わせられるのって便利です。

でも先ほど紹介したように、X100Fにはフォーカスレバーという便利な機能があるので、そこまで不便さを感じません。

チルト・バリアングルじゃない…液晶が動かないタイプです。

自撮り命という人は避けたほうがいいかも。

高いけど最新機種のX100Vならチルト液晶搭載です。

FUJIFILM X100Fの作例

X100Fのフィルムシミュレーションの良さを見ていただきたいので、あえての撮って出しです。

多少水平などは修正していますが色味や雰囲気はX100Fが作り出したまんまです。

フィルムシミュレーション作例

FUJIFILM X100F

花の色がいい。

FUJIFILM X100F

同じ場所で手前にピント合わせたのと…

FUJIFILM X100F

奥にピント合わせたの。

FUJIFILM X100F

ちょっとアンダー気味に撮ってみたり。

FUJIFILM X100F

コンパクトなのでサクッと気になったモノを撮れる。

FUJIFILM X100F

私の吸い殻じゃないよ(笑)

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F作例

かっこよくシックに撮影したいときは、クラシッククロームがほんと合う!

FUJIFILM X100F

さすがに食べ物は、彩度が低くなるクラシッククロームだと不味そうに写ってしまうので、ビビットめなフィルムシミュレーションがおすすめ。

旅行先で食べた美味しい食べ物は美味しそうに残したいです。

FUJIFILM X100F

寄れるのでテーブルフォトもいい感じ。

FUJIFILM X100F

ケンタッキーのチキンも美味しそう。

FUJIFILM X100F

まだ食べ物に合いそうなフィルムシミュレーションは試行錯誤中なので、もう少し研究の余地がありそう。

RAWとフィルムシミュレーション比較

ここからは、RAWをそのままJPEGで書き出したものフィルムシミュレーションの違いを見ていただきたい。

beforeがRAW、afterがフィルムシミュレーション。

before画像 after画像

RAWもこれはコレでいい感じですが、フィルムシミュレーションで花をかっこよく撮ってみたかった。思い通り!グッと雰囲気が変わります。

before画像 after画像

Oh…RAWだとこんな味気ない写真に…ここからいい感じに現像するのダルい(笑)

フィルムシミュレーションだと、クラシッククロームのシックな感じと線路の雰囲気がマッチしていてとてもかっこいい。

うーろん
うーろん

フィルムシミュレーション最高!!

RAW+JPEGで撮っておけば、フィルムシミュレーションの色味と生のデータの両方を持っておけるので安心です。

MEMO

X100Fを買って2週間目にして気づいたこと。

RAWで撮っておけば、Lightroomであとからフィルムシミュレーションを適用することができます。

>>フィルムシミュレーションを適用してRAW現像したい。

クラシッククロームで撮ったけど、やっぱりPROVIAでの雰囲気を見てみたいな…というときとか便利かも。

フィルムシミュレーションのレシピを検索できるアプリ「Fuji X Weekly」がリリースされて話題になっていました!

これかなり便利です。

Fuji X Weekly — Film Recipes

Fuji X Weekly — Film Recipes

Ritchie Roeschposted withアプリーチ

作例も載っているので、好みのレシピを設定していろいろ試し撮りしてみてます。

FUJIFILM X100Fのまとめ

ここがポイント!
  • フィルムっぽい写真が撮りたい
  • 写真を本格的にやりたい
  • なるべくコンパクト
  • オシャレでかっこいいカメラ

フィルムを選ぶように写真を撮りたい。

写真を撮ることが大好きになれるカメラ。

旅行に持っていくのに苦にならないサイズ感。

持っていて自慢したくなるような見た目。

この辺にビビッときたあなたはきっとX100Fが気にいるはずです。

うーろん
うーろん

最高のカメラでステキな思い出を残してね!

X100Fのアクセサリーを紹介する記事はこちら

X100Fを下取りで買った時の記事はこちら

私の簡単な物撮り方法を紹介!

Amazonをもっとお得に利用する方法

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券に現金をチャージして使うともっとお得に買い物ができます。

現金でチャージするたび、最大2.5%ポイントが還元されます。

プライム会員なら使わない手はない!

Amazonギフト券

いつ終わるかわからないキャンペーンなので、今のうちにお得に利用しちゃいましょう。

今なら初めてのチャージで1000円分のポイントがもらえる!

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象