おうちで作ろう台湾グルメ!

神田「東京豆花工房」本場以上に本場の味の豆花が食べられるおすすめ豆花屋さん

東京豆花工房

台湾好きの友人が東京に遊びに来たら、迷わずここの豆花を食べてもらいたいおすすめ豆花屋さん、それが東京豆花工房とうきょうまめはなこうぼうです。

本場台湾でもここまで材料にこだわり、トッピング豊富な豆花もめずらしいのではないでしょうか。

うーろん
家のそばにできてほしいくらいおすすめな豆花屋さんです!

本記事では「東京豆花工房」で食べた豆花やお店の様子を紹介します。

東京豆花工房の豆花

東京豆花工房
豆花 トッピング全部のせ(冷たいシロップに氷あり)

こちらは私が注文した豆花。

冷たいシロップで氷ものせてもらいました。

東京豆花工房の氷はフローズン氷なのでとても食べやすくて好きです。

解けても水っぽくならず美味しさが最後まで続行。

ま、あっという間に完食しちゃうんですけどね(笑)

東京豆花工房
豆花 トッピング全部のせ(冷たいシロップに氷なし)

こちらは旦那が注文した氷なしバージョン。

東京豆花工房
トッピング詳細(※クリックで拡大)

トッピングの種類はその時々で変わりますがこの日はこんな感じ。

どれもとても丁寧に作られている味がして美味しいのですが、個人的にいちばん気に入ったのは紫米かな。

お米ならではのモチモチとプチプチっとした食感と、紫米独特の風味がたまりません!

東京豆花工房
豆花

豆花も柔らかくてフルフルしていて本当に美味しい。

東京豆花工房
粉粿

この日はめずらしく粉粿fěn guǒのトッピングがありました!

粉粿は台湾風わらび餅とでも言いましょうか。

透明感のあるモチモチ食感の食べ物です。

材料はキャッサバらしいのでタピオカと同じですが、タピオカほどの弾力はなく食べやすい。

台湾に行くといろいろなモチモチ食感に出会えるので楽しいです。

台湾人って本当にモチモチが大好きなんだな〜と思います。

旦那
ちなみに台湾ではモチモチのことを「QQ」と表現するよ。
東京豆花工房
白玉

こちらは日本人にも馴染み深い白玉。

これもそういえばモチモチでしたね。

ピーナッツやハトムギなどのホクホク食感もあって、様々な食感とフルフル豆花を楽しめます。

東京豆花工房のメニューとトッピング

メニューは潔く豆花のみ!

  • 店内 or テイクアウト
  • トッピング あり(650円+税) or なし(500円+税)
  • シロップ 冷たい or 温かい

トッピングは全部のせができるので、嫌いなものがない限りは全部のせで丁寧に作られたトッピングの味を楽しんでみるのがおすすめ!

冷たいシロップは季節限定で、さらにフローズン氷も暑い時期だけかと思われます。

冬場は生姜シロップだったり、トッピングには芋圓(タロイモ団子)が登場したりします。

季節のシロップや新しいトッピングなどの情報は、東京豆花工房のInstagramで紹介されているのでお店に行く前にチェックするのがおすすめです。

東京豆花工房
トッピング

どんなトッピングがあるかは、店頭のケースに並べられているので見ながら選べます。

東京豆花工房
この日は白玉と粉粿がありました

東京豆花工房の店内の様子

東京豆花工房

店内はご覧の通り小さめなお店なのでテーブルが2つと、レジカウンター前にベンチがあるのみです。

東京豆花工房

基本的には食べたらすぐ出ていく人が多いですが、中にはそうじゃない人もいるかもしれないし、私はお店に着いてイートインできそうならイートインにして、時間がかかりそうならテイクアウトにすると決めて行っています。

店内には台湾のラジオが流れ台湾にいる気分を存分に味わえるので、イートインできるならイートインしたいですよね。

天気が良ければテイクアウトにして、近くの公園などで食べるのも良いと思いますよ。

近くのマーチエキュート神田万世橋の外にたくさんベンチがあるのでそこで食べるのもいいかもです。

東京豆花工房の外観

東京豆花工房
外観

お店はひっそりと落ち着いた路地裏にあります。

東京豆花工房

そんな落ち着いた雰囲気に溶け込むように。

うーろん
豆花好きさんはぜひ東京豆花工房の本格豆花を味わってみてね!

東京豆花工房のアクセス

東京で食べられる台湾グルメまとめ台湾リピーターがおすすめする東京で食べられる台湾グルメまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。