おうちで作ろう台湾グルメ!

【初心者】おうちで低価格&簡単に物撮りする方法

物撮り

SNSやフリマアプリ、ブログに載せる写真を、ちょっとだけいい感じに撮影してみたくないですか?

でもプロみたいなすごい設備や機材はお金もかかるし、機材を置いておくスペースも限られます。

本記事ではなるべくお金をかけず、狭い家でもサクッと物撮ブツどりができる技を紹介します。

うーろん

安い!簡単!キレイ!に撮影します。

物撮りに必要なもの

まずは私が家で実際にしている物撮りの様子です。

ちょっと部屋が散らかっているので、あえてのモノクロで…

物撮り

カーテンレールから反対側にあるラックにロープを渡して、そこへ背景紙を掛けて、目玉クリップで留めるという感じです。

窓近くの壁際にテーブルを置けるスペースがあるなら、それがいちばん簡単で良さそうです。(壁に背景紙を貼る)

うちは狭くてスペースがないのでこんな形で撮影しています。

ロープ

物撮り
反対側

ロープはダイソーの園芸用品売り場にあったものです。

できるだけピンと張りたかったので、下記サイトを参考にロープを結びました。(上下の目玉クリップはロープが外れないための仮です)

参考 ロープをぴんと張る よろい結びの活用ロープワークと釣り糸の結び方百科

背景紙

物撮り
スーペリア背景紙(スーパーホワイト)

背景紙はAmazonで買ったスーペリアのもの。

私がお店に行ったときは在庫切れだったのですが、中野近くに住んでいる方ならフジヤカメラ用品館で980円で売っています。

布だとどうしてもシワがついてしまうので、その都度アイロンがけする必要があり面倒すぎる。

背景紙はしっかりハリがあって、しまうときはクルクル巻いておけば大丈夫です。

注意

撮影時にテーブルに水分が付いていないかの確認だけは必ず!

目玉クリップ

物撮り

背景紙は10cmくらい折り、ロープに引っ掛けて目玉クリップで留める。

紙は軽いのでロープが大きくしなることなく設置できました。

レフ板

物撮り

ダンボールにコピー用紙を貼っただけ、材料費0円のレフ板です。

Amazonの荷物の底に貼ってあるダンボールに、コピー用紙を貼り付けたものを2個用意し、テープでくっつけるだけです。

三脚

物撮り
Manfrotto COMPACT Action

三脚はなくても大丈夫だけど、あった方が便利&楽です。

F値を大きくして撮影したい(手前から奥までピントを合わせたい)ときは、どうしてもシャッタースピードを稼ぐ必要があるので、手持ちだとキツいです。

私が使っているのは三脚メーカーで有名なマンフロットのもの。

サクッと趣味で撮影するくらいなら、10,000円未満のものでいいと思います。

物撮りのコツ・作例

物撮り

ストロボがあれば昼夜関係なく撮影できますが、お金も技術も必要になるので、晴れた日の昼間に撮影しています。

  • 晴れた日の昼間に撮影するのが大前提
  • 窓のレースカーテンは閉めた状態
  • 光源の反対側からレフ板をあてる

右側に窓があり光が入るので、左側にレフ板を置いて撮影しています。

物撮り

すると左側が影で暗くならずいい感じに撮影できる。

物撮り
物撮り

プロのカメラマンから見たらいろいろ粗はあるかもしれませんが、SNSに載せたりブログ用の撮影なら、このくらいで十分ではないでしょうか。

まとめ

準備するものはこれだけです。

  • ロープ(100円ショップ、ホームセンター)
  • 目玉クリップ(100円ショップ、文具店)
  • 背景紙
  • レフ板(自作)
  • 三脚
うーろん

簡単にちょっとだけいい感じに撮影してみてね!

撮影に使用したカメラはFUJIFILM X100Fです。

FUJIFILM X100F【作例あり】X100Fはフィルムのような写真が撮れる最高のカメラだった【もう浮気しない】 FUJIFILM X100FアクセサリーFUJIFILM X100Fのために揃えたおすすめアクセサリーを紹介
Amazonをもっとお得に利用する方法

Amazonで買い物するなら、Amazonギフト券に現金をチャージして使うともっとお得に買い物ができます。

現金でチャージするたび、最大2.5%ポイントが還元されます。

プライム会員なら使わない手はない!

Amazonギフト券

いつ終わるかわからないキャンペーンなので、今のうちにお得に利用しちゃいましょう。

今なら初めてのチャージで1000円分のポイントがもらえる!

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。