私も毎回利用!台湾SIMカードはKKdayで購入がおすすめ

高雄「吳家金桔豆花」暑さ吹き飛ぶ甘酸っぱいキンカン豆花

吳家金桔豆花

台湾のデザートといえば豆花ですが、そのトッピングは小豆や芋圓(お芋の団子)、タピオカ、ゆでピーナッツなどが一般的です。

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/07/9a2e445ce9222196dd0dce7661138461-2.png
うーろん

高雄には金桔(キンカン)のさっぱり豆花が美味しいお店があるらしい!

そう聞いて行ってきました。

本記事では吳家金桔豆花wú jiā jīn jú dòu huāで食べた豆花やお店の様子を紹介します。

吳家金桔豆花の金桔豆花

吳家金桔豆花
金桔冰豆花 35元

このビジュアル最高すぎませんか?

金桔の酸っぱさとシロップの甘みのコンビネーションが絶妙です。

この時は年越し台湾旅行で食べたので冬だったのですが、夏の暑い時期に食べたら金桔の酸味がガツンと効いて、もっと美味しいんだろうなぁと思いました。

それでも高雄の冬は日本人的には半袖でもいいほど暖かいので、酸味のきいたさっぱり豆花が胃に染み渡る。

添加物を使わない昔からの製法を守った豆花は、なめらかでぷるん・つるんとして美味しかったです。

柑橘類が好きな豆花好きさんにぜひおすすめしたいです!

しかし!

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/01/a009caa7d8bae4cc6c68136156587d34.png
うーろん

柑橘類が大好きな私はとても美味しくいただきましたが、酸味が苦手な旦那はそうでもなかったようです…

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/02/cfd93b06a4e40e27cff40326ecdaffe9-1.png
旦那

酸っぱい・・・

豆花 = 甘い物と思っていたから酸っぱいのがショックだったみたいです(笑)

酸っぱいのが苦手な方はあずきの豆花もあるのでそちらをおすすめします。

吳家金桔豆花

35元ととても安いのにこんな大きなお椀で出て来るので、2人でシェアで十分でした。

內用(イートイン)外帶(テイクアウト)が選べて、私たちは内用にしました。

MEMO
台湾に行くならこの言葉を覚えると便利です。

內用nèi yòng = イートイン

外帶wài dài = テイクアウト

内用といってもカウンター前の通路沿いにある、台湾のテラス席みたいな場所で食べます。

天気のいい日はこの台湾のテラス席で食べるのは気持ちがいいですよ!

吳家金桔豆花のメニュー

吳家金桔豆花のメニューは3つだけ!

メニュー
  • 金桔冰豆花…キンカン豆花
    紅豆冰豆花…ゆであずき豆花
    原味冰豆花…プレーン豆花(トッピングなしの豆花)

こちらのお店には記入式の注文票などはないので、口頭で注文するかメモに書いて注文することになります。

私はこの時メモ帳を出した記憶がないので口頭で注文したと思いますが、おそらく看板メニューである金桔冰豆花はほとんどの人が注文するからか、すぐにわかってもらえました。

個数は手で表現すれば問題ないです。

吳家金桔豆花のお店の雰囲気

吳家金桔豆花
外観

この写真の赤いランタンの下のストライプの屋根のところが吳家金桔豆花がある場所です。

よく見ないとわかりにくいですが黄色が目印です。

吳家金桔豆花
カウンター

ここまで近づくと黄色いのがわかると思います。

吳家金桔豆花

最寄り駅の鹽埕埔站から歩いて来る途中の台湾らしい雰囲気の道もいい感じです。

写真を撮りながら歩いて来るのも楽しいです。

https://oolongsan.com/wp-content/uploads/2019/01/143251ae44e7e6b876a9f98f7a32ae41.png
うーろん

高雄に行ったらぜひめずらしい甘酸っぱい金桔の豆花を堪能してみてね!

吳家金桔豆花のアクセス

吳家金桔豆花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。