台湾各空港で深夜受取り可能!KKday中華電信プリペイドSIMを予約

曳舟「帆帆魯肉飯」台湾リピーターが納得する本場の味の魯肉飯

帆帆魯肉飯

近年の台湾人気の影響で日本で魯肉飯が食べられるお店も増えてきましたが、本場台湾のおいしい魯肉飯の味を知っている“台湾リピーターが納得する魯肉飯”ってなかなかないんですよね。

私はまだまだ台湾に通いだしたばかりのひよっこですが、そんな私でもたまに「うーん、微妙…」「なんちゃって魯肉飯かな!?」と感じる、ちょっと残念な魯肉飯を出す店に遭遇するときがあります。

そして私が「わ!これは本場台湾の味だ!」と感じた魯肉飯が食べられる帆帆魯肉飯ファンファンルーローファンというお店が墨田区にあります。

下記のおきらく台湾研究所さんのツイートを受け「やっぱり!」「ですよね!」と思わずにはいられませんでした。

おきらく研、Haochi Booksさん、keikoさん、柳沢小実さん。重度の台湾リピーターがこれだけ揃って、皆が「うまい!台湾の味だ!いやそれ以上かも!」と言うんだよ。奇跡でしょ、これ。

台湾ツウな方々もみなさん絶賛されているなんて本物ですよね。(柳沢小実さんは「わたしのすきな台湾案内」という台湾の本を出版されている方です。)

本記事では「帆帆魯肉飯」で食べたものやお店の様子を紹介します。

帆帆魯肉飯で食べたもの

帆帆魯肉飯

テーブルには台湾といえばの客家花布のランチョンマットが。

店名の「帆帆魯肉飯」のマーク入りがかっこいいです。

帆帆魯肉飯

お水のグラスもレトロなイラスト入りでかわいい!店主さんのセンスのよさが伺えます。

帆帆魯肉飯

魯肉飯セット 850円

魯肉飯をひとくち食べて「台湾の味だ!」と感動しました。

もし台湾に帆帆魯肉飯があったら、台湾でも話題になりそうなレベルの高い味だと思います。

豚バラ肉の厚みのある食べごたえに、台湾スパイスの味が染み込んでいます。

帆帆魯肉飯

滷蛋(台湾スパイスが効いた煮玉子)のガングロたまごちゃんみたいな色が最高ですね!

この花柄の器は台湾のローカル食堂でよく出てくる食器です。

この食器を日本で体験できるのはテンションが上がります!店主さんの台湾愛を感じますね。

帆帆魯肉飯

その時々で変わる本日のスープは金針排骨湯でした。

金針花(ワスレグサ)というオレンジ色の花があるのですが、台湾では金針花をスープにして食べるようで、台湾最大の問屋街の迪化街に行くと乾燥した金針花がドーンと売られています。

うーろん

台湾で見たあの花が日本で食べられるなんて!

私はこのとき初めて金針花を食べましたが、癖などはなく食べやすい味で、ほうれん草っぽいと感じました。

ちなみに金針花は上野の「アメ横センタービル」地下のアジア食材売り場や新大久保の「華僑服務社」で売っているのを見たことがあります。家で台湾の味を再現することもできそうです。

帆帆魯肉飯のメニュー

帆帆魯肉飯のメニュー

帆帆魯肉飯のメニュー

※クリックで拡大

食事のメニューは魯肉飯だけというシンプルさ。

ドリンクメニューは台湾ビールやサロンパスのような味がする台湾コーラ(黒松沙士)などコアなものが揃います。

帆帆魯肉飯の店内の様子

帆帆魯肉飯の店内の様子

古民家をリノベーションしたシェアカフェ「halaheluハラヘル」で日曜日を担当しているのが帆帆魯肉飯です。

店内はおしゃれなセレクトショップのような雰囲気で、洋服やドライフラワーがインテリアの一部のよう!

帆帆魯肉飯の店内の様子

本棚には台湾の本なども置いてあり台湾好きの心をくすぐります。

お店には常連っぽいお客さんもいたのですが、店主さんは初めて来た私たちにも気さくに話しかけてくれました。

店主さんが「お店のまわりの商店街が台湾の雰囲気に似ている」と教えてくださいました。

言われてみればレトロで懐かしい雰囲気が台湾っぽさを醸し出している商店街です。

魯肉飯を食べ終えたらレトロな商店街を散策するのも、より台湾を感じられそうですね。

最寄り駅は東武亀戸線の小村井駅

東武亀戸線

最寄り駅は東武亀戸線の小村井駅です。

東京生活は10年以上になりますが東武亀戸線は初めて利用したかも。

ローカルでまったりとした雰囲気です。JR総武線の亀戸駅から乗り換えできます。

少しアクセスはしづらい場所ですが台湾好き、魯肉飯ファンは行く価値ありですよ!

東京スカイツリーが近いから観光もおすすめ

東京スカイツリー

帆帆魯肉飯を出て歩いていると東京スカイツリーがこんなに近くに見えます。

これは行くしかない!ということで天気も良かったのでスカイツリーを目指して歩きました。

東京スカイツリー

スカイツリーの真下から撮影してみましたが、間近に見るとすごい迫力でカメラに収まりきらない。

東京に住んでいるとなかなかスカイツリーに行く機会がないですがいいきっかけでした。

うーろん

東京下町で台湾リピーターも納得の本格魯肉飯を味わってみてね!

アクセス

基本は毎週日曜日の営業ですが、営業日はその都度SNSでお知らせされるので行く前にチェックしてください。

帆帆魯肉飯

東京で台湾グルメが味わえるおすすめ店

黒工号上野「黒工号」台湾の仙草ゼリーはおいしすぎて食べなきゃ損!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。