うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!!!

台北「犁園湯包館」めずらしいバジルと牡蠣の小籠包があります

犁園湯包館

うーろん

台湾といえば小籠包ですよね!

でも某有名店は行列らしいので、並ばなくてもおいしい小籠包が食べられないかな?と思い探しました。

南京復興駅近くのブラザーホテルに宿泊していたので、近くに小籠包が食べられるお店はないかと思い、持って行ったガイドブックに載っていた「犁園湯包館」に行ってみることにしました。

本記事では「犁園湯包館」で食べた小籠包やお店の様子を紹介します。

台北101初台湾で「てるみくらぶ」と「ブラザーホテル」を利用した感想

犁園湯包館で食べたもの

犁園湯包館

バジルと牡蠣の小籠包 190元

こちらはガイドブックにもおすすめとして載っていたバジルと牡蠣の小籠包です。

牡蠣の小籠包ってめずらしいですよね。

台湾でも結構めずらしい組み合わせではないかと思います。

うーろん

バジルの香りが効いてとてもおいしい!

犁園湯包館

上海小籠湯包 140元

こちらは王道な感じの豚肉の小籠包です。

バジルと牡蠣の小籠包と食べ比べをしてみたくて注文しました。

ノーマルな豚肉の小籠包と比べると、よりバジルと牡蠣の小籠包との違いがわかります。

肉汁すごい!好吃〜!

旦那

肉汁のたぷたぷ具合が写真からもおわかりいただけますでしょうか?

これ以外にも蟹みそ小籠包などもありました。

小籠包がおいしい台湾なので、変わり種の小籠包もぜひ食べてみてください!

犁園湯包館

XO醬雙魚炒飯 130元

鮭と干し魚の炒飯です。

台湾で食べる炒飯はハズレなし!

台湾では毎回いろいろなお店で炒飯を食べていますが、どのお店で食べてもおいしいです。

お店それぞれに具や味の違いはありますが、本場の炒飯はぜひ味わって頂きたい一品です。

犁園湯包館

酸辣湯 50元

さっぱりお酢の効いたとろとろサンラータン!

とても具だくさんでお腹いっぱいです。

写真からは伝わりにくいですが、このスープのお椀はかなり大きいです。

2人でシェアしましたが最後の方はがんばって食べていました。

台湾は一皿が大きめのことが多いので「少ないかな?」くらいの注文で十分です。

あとはビールとジュースで全部で合計550元でした。

犁園湯包館のメニュー

犁園湯包館

犁園湯包館には記入式のメニューがあります。

日本語と写真入りのメニューもあるので、私たち日本人も安心です。

記入式のメニューと照らし合わせながら、食べたいものに個数を記入していきます。

犁園湯包館

犁園湯包館

犁園湯包館

犁園湯包館

犁園湯包館

犁園湯包館

犁園湯包館

犁園湯包館

犁園湯包館

犁園湯包館公式サイトより引用

今回は小籠包と炒飯とスープしか食べませんでしたが、かなりいろいろなメニューがあって何度か通わないと十分に堪能できなそうです。

こういうお店はやはり大人数で行くとたくさん頼めていいです。

犁園湯包館の外観

犁園湯包館

入りやすく綺麗な感じのお店です。

初めての台湾での小籠包でしたが、日本では食べたことのないバジルと牡蠣の組み合わせと、肉汁がじゅわっと溢れんばかりのたぷたぷ感を体験できて大満足でした。

うーろん

また食べに行きたいです!

アクセス

犁園湯包館

おすすめ台北グルメ

欣葉台北「欣葉」本格的な台湾料理が食べられるレストラン 阿城鵝肉【2号店オープン】台北「阿城鵝肉」ガチョウ肉がジューシー&美味しすぎてヤバい! 來來活海鮮台北「來來活海鮮」海鮮を選んで調理してもらう居酒屋を体験しよう

私も持っているおすすめ台湾ガイドブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。