うーろんの台湾旅行持ち物リストを大公開!!!

私のアレルギーについて

私は旅行で気をつけなければならない特殊なアレルギーを持っています。

それは食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(FDEIA:Food-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis)です。

同じアレルギーや軽度の小麦アレルギーを持っている方の参考になれば幸いです。

食物依存性運動誘発性アナフィラキシーとは

食物依存性運動誘発性アナフィラキシー(FDEIA:Food-Dependent Exercise-Induced Anaphylaxis)

特定の食物摂取と運動の組み合わせで症状をきたす食物依存性運動誘発アナフィラキシーは,小麦や甲殻類アレルギーではめずらしくない病態である。

特定の食物摂取の後にアナフィラキシーを繰り返すが,再現性が悪く,起こるときと起こらないときがあるという場合に疑うのが,食物依存性運動誘発アナフィラキシー(food-dependent exercise-induced anaphylaxis:FDEIA)である。

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=10480

簡単に言うと、アレルギー物質を摂取した後すぐに運動するとアナフィラキシーショックを起こすという病気です。

私の場合は「小麦」を摂取後すぐに運動をすると蕁麻疹が出たり、場合によってはアナフィラキシーショックを起こします。

運動というのは走ったり球技をするという激しめの運動だけでなく、歩くだけでもダメなんです。

うーろん

なので例えば台湾で朝ごはんにサンドイッチを食べたら、2~3時間はホテルでじっとしていなければなりません。

胡椒餅とかどうしても食べたい小麦料理があるときは、外帶(テイクアウト)してホテルで食べるようにしています。

そんな理由で当ブログ(ぱいせー台湾)ではあまり小麦料理が登場しないかもしれません。

「何でこのブログは牛肉麺や葱油餅が登場しないんだろう?」と思う方もいるかもしれませんが、私も涙をのんで我慢しています。

そして同じ病気の人や小麦アレルギーを持っている方に、少しでも「これなら食べられるんだ!」と参考にしていただけたら幸いです。

注意

個人のアレルギーのレベルは様々ですので、あくまで参考程度にしてください。

小麦が少しでも入っているとダメな方へはおすすめできません。(コンタミネーション)

当ブログ(ぱいせー台湾)により発生した事故や怪我・病気などの一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

この病気が発覚したとき、何よりもすぐに「今後は台湾に行けなくなるかも」とショックを受けました。

そのくらい台湾が好きなので私にとっては大問題でした。

でもそれから台湾料理や屋台グルメについていろいろ調べるうちに、事前準備や調査をして気をつければ大丈夫かもしれないと思い至りました。

小麦アレルギーでも台湾グルメを注意しながら楽しもう

小麦アレルギーでも台湾グルメが満喫できる理由

  1. 外帶(テイクアウト)が当たり前
  2. 麺の種類が選べる店が多い(ビーフン、春雨など)
  3. 小麦じゃない粉ものがある(米粉、タピオカ粉など)

外帶(テイクアウト)が当たり前

台湾ではバイクでご飯を買って家で食べるという人が多く、飲食店では基本的に外帶wài dài(テイクアウト)內用nèi yòng(イートイン)が選べます。

ですので最悪外帶して、ホテルで食べてそのあとは2~3時間は動かないという方法で小麦料理を食べることができます。(※食物依存性運動誘発性アナフィラキシーに限る)

麺類を外帶すると、スープと麺を別々にして提供してくれたりと、麺がのびない工夫をしてくれる店があったりします。

麺の種類が選べる

麺を出すお店では、普通の小麦麺やビーフン、春雨、場合によっては板條という麺も選べることが多い。

小麦じゃない麺
  • 米粉(ビーフン)…米から作られる細麺
  • 冬粉(春雨)…緑豆やじゃがいも、さつまいものデンプンから作られる細麺
  • 米苔目…米粉、タピオカ粉から作られる見た目はうどんのような麺
  • 板條…米から作られるきしめんのような麺。原住民料理のようです。

ビーフンや春雨は大丈夫だと思いますが板條に関しては謎の麺すぎて心配です。

お店によっては小麦を混ぜたりしている可能性もゼロではないので、食べる場合は店員さんに確認しましょう。

小麦アレルギー
MEMO

這個菜、有没有用面粉?

(この料理は小麦粉を使っていますか)

我是面粉過敏

(私は小麦粉アレルギーです)

私はこのようなメモを持ち歩いていざとなったら確認できるようにしています。

まだ台湾でこれを見せる場面に出くわしていないので、この中国語であっているのか怪しいのですが、ヤフー知恵袋などを駆使して作りました。

小麦じゃない粉ものがある

台湾には小麦ではなく米粉やタピオカ粉を使用した食べ物もたくさんあります!

そしてもち米料理も種類豊富です。

小麦じゃない粉もの
  • 肉圓(プルプルした食べ物。千と千尋で両親が食べていたものという噂)…タピオカ粉、米粉
  • 碗粿(台南名物の茶碗蒸しのような炭水化物)…米粉
  • 米苔目(うどんのような麺)…米粉、タピオカ粉
  • 地瓜球(さつまいもボール、屋台グルメ)…タピオカ粉
  • 大腸包小腸(もち米の中にソーセージが入った屋台グルメ)…もち米
  • 粽(ちまき)…もち米
  • 麻糬(台湾の甘い餅)…もち米

粽などは大丈夫そうですが、地瓜球(さつまいもボール)などは念のためお店に確認をとると安心です。

MEMO

地瓜粉または木薯粉(タピオカ粉)とは…

台湾にはスーパーでよく売られている地瓜粉(タピオカ粉)という粉があるのですが、この商品名は直訳すると「地瓜 = さつまいも」でさつまいも粉になりますが原料はキャッサバです。

日本の片栗粉がカタクリが原料ではなく、実際はじゃがいもでんぷんが原料なのと同じことなのかなと思っています。

タピオカ粉

キャッサバはタピオカの原料として知られており、当ブログ(ぱいせー台湾)ではタピオカ粉と表現しています。

商品のパッケージには「タピオカスターチ」と英語で書かれているものもあります。

意外と台湾には一見粉ものっぽいけど、小麦を使用していない食べ物がたくさんあります。

台湾旅行中は食べたいものがたくさんあって困るので、ある意味小麦を避けてその中から選ぶといい感じに絞られてくるかもしれません。

今回紹介した例は、小麦が全く食べられない方にはあまり参考にならなくて申し訳ないのですが、食物依存症運動誘発性アナフィラキシーなど小麦を食べるのに少し注意が必要な方には参考になると思うので、ぜひ十分に注意しながら台湾旅行を楽しんでください。

飛行機へのエピペンの持ち込みについて

この病気が発覚してから初めてエピペンを所持しました。

もしアナフィラキシーショックを起こしてしまった場合に、注射してショック症状を和らげるものです。

台湾旅行中も常にエピペンを携帯しています。

注射器ですし薬剤(液体)も入っているので、「空港の保安検査で何か言われるかな?」と不安に思っていましたが、成田空港の保安検査ではエピペンをバッグに入れたままX線検査を通過していますが、今まで特に何か言われたことはありません。

もちろん何か言われた場合の説明書などは準備済みです。(エピペンの説明書や医師の診断書など)

台湾の桃園国際空港・高雄国際空港でも同じように通過しましたが、特に何も言われませんでした。

これは出発前に調べて、日系航空会社の例ではありますが「特に申告は必要ない」との記載があったので大丈夫かなと思ってのことです。

アレルギー持ちの人は増えていると思うし、エピペンを持って飛行機に乗る人も普通にいるのかもしれません。

私はLCCで台湾に行くことが多く、成田から台湾まで3時間半くらいと食べ物は我慢できる時間なので、基本的に機内食は食べません。

食べる場合はグルテンフリーメニューがあるかなど確認が必要です。

うーろん

準備万端で安心で楽しい台湾旅行になりますように!